ヨーロッパのテニスアカデミーのクラス分けから学んだ選手育成に必要な判断基準!

テニスアカデミーのクラス分け テニスの練習環境は、レベル別に選手をコートに振り分けて行います。年齢別に振り分けられることが多く、試合の戦績が良い選手は飛び級で一つ上のランクに振り分けられるという形式が一般的ではないでしょ…続きを読む

お子様のテニス向上のために、クレーコートシーズンの大会を一緒に見ることは欠かせない理由!

球足が遅いのがいい ハードコートの試合と比べると、ラリーのテンポが遅いのがよくわかります。1ポイントで続くラリー数も多いので、ボールのやりとりがよくわかります。このインタビューで世界一を育てたコーチも良い競争をするために…続きを読む

自分のテニススタイルを確立している強いジュニアが持つ、勝つために必要なもう一つの能力とは?

そのもう一つの能力とは? 自分のスタイルを必要に応じて捨てられること です。 テニスはトーナメントスポーツ テニスは1回負けると終わりです。次のステージには進むことはできません。強い選手ほど、時には自分のスタイルを捨てて…続きを読む

頑張っても成果が出ないお子様を見て辛くなる時に読んでほしいこと

自分で考えられる選手に多い オンコートでもオフコートでも努力はしているけど、なかなか成果に結びつかない選手を見ていると見ている方も辛くなります。それがお子様ならなおさらでしょう。私の経験では、自分の頭で考えることができて…続きを読む

ヨーロッパのお父さん・お母さんから学んだ、ジュニアが自信を持ってプレイするために必要なこと

ヨーロッパのU12やU10の選手達の試合を見ていると、自信を持って、楽しそうに自分のテニスを表現できていると感じます。クリエイティブで見ていて面白いです。低年齢のカテゴリーでは、チャレンジできるマインドを育むためにもその…続きを読む

環境面で差がつきにくい今のジュニアにありがちな格差とは?

インターネットによって指導者の情報格差がなくなり、またスポーツトレーナーも増え、ジュニア選手コースがあるテニススクールも増えてきました。20年・30年前と比べて環境面での差がなくなってきた今のジュニアにとって差がつくのは…続きを読む

お子様にもう少し考えてテニスして欲しいと感じる時に読んでほしいこと。

お子様のテニスを見ていて、もう少し考えてテニスをしてもらいたいと感じることがあると思います。オフコートでは悩んでいたり、負けた時は落ち込んでいるのに、コートに立つと考えていないように見えるのはどうしてでしょうか? Thi…続きを読む

お子様が練習と同じように試合でプレイできない時に読んでほしいこと

お子様の試合を見ていて、練習の時の力が出せていないと感じることはありますか? またそうであったとしても練習と試合は違うからと納得してませんか? そこでどんなことが起こっているのかを理解すれば、練習と試合のプレイは近づいて…続きを読む

競技テニスにどっぷりはまって、勝ったり負けたりしていると、何気ないことに気づけなくなってませんか?

競技テニスにどっぷりはまって、勝ったり負けたりしていると、何気ないことに気づけなくなってませんか? 県から地域など少しずつ結果が上がる テニスを始めた時は1回戦負けが続きます。そこから少しずつ勝てるようになってきて、気が…続きを読む

テニスの試合中にお子様が考えすぎてうまくいかなくなるお父さん・お母さんに伝えておきたいこと。

お子様が試合中にうまくいかなくなり、解決策が見つからず、元気がなくなってズルズルと負けてしまうことがあると思います。真面目な性格のジュニアに多いので、勿体無く感じています。そういうジュニアが、うまくいかない時も、元気を失…続きを読む