ヨーロッパのコーチがジュニア選手に競技歴が浅い頃から徹底的に指導すること



それは
勝ち方について指導すること
です。どのようにしてテニスという競技の中で相手を上回って行くのか?ショットの上達と同時進行でレベルアップして行く必要があります。打ち方と勝ち方のレベルアップには、相乗効果があります。

ミスしない

まずはミスをしないことです。ミスをしないことと、消極的にプレイすることは似て非なるものです。相手と戦う前に、この段階を乗り越えて自分自身と向き合い、自分自身と戦えるようになる必要があります。

合わせて読みたい過去記事

 

ミスさせる

次の段階は、相手にミスさせることです。相手のミスを待つのではなく、ミスを引き出すようにプレイします。
・相手がいる所に打ち続けて我慢比べ
・相手を前後左右に動かしてミスを誘う
・攻撃を仕掛けてプレッシャーをかける

この段階でプレイスタイルが生まれ始めます。理想は全てをこなせるようになった上で、自分にあった一つを選ぶことです。

合わせて読みたい過去記事

 

相手次第ではない取り方

レベルがさらに上がると、ミスをしてくれなくなります。攻めきる or 守りきる必要があります。ストロークやボレーで仕留める形がカウンターショットで決める形です。

合わせて読みたい過去記事

 

「やりたいテニス」と「できるテニス」

自分が好きなスタイルと自分ができるスタイルのバランスを取りながら上達していける良いと思います。試合の日程は、選手のレベルが上がるまで待ってくれません。戦いながら上手くなっていく必要があります。理想は追いかけながら、上記の順序で勝ち方を学んで行きましょう。

合わせて読みたい過去記事

 

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ