子供達の将来のため、ただテニスが強くなるだけでなく、総合的に能力を高めてグローバルな人材を目指そう!

テニスを一から始めたお子様とともに歩むために

感情のコントロールが苦手なお子様へのアドバイス。試合中のイライラを制御するコツ。

ジュニアは、大人と比べると感情のコントロールが苦手です。 少しのことでイライラしてしまい、試合を台無しにしてしまうことも少なくありません。 練習通りの力を発揮して負けたのなら納得がいきますが、感情のコントロールがうまく行…続きを読む

コーチとのコミュケーションを大切にしましょう!!コーチが知りたい選手の情報とは?

お子様の日常を伝える コーチが知りたいのは、選手のオフコートの情報です。 テニスに対するモチベーションは最近どうなのか? 前向きに取り組んでいるのか? 結果が出なくて少しトーンダウンしているのか? など、お子様のメンタル…続きを読む

お子様のためにやって欲しいタイムマネージメント!心と身体を長続きさせるために。。。

お子様を競技テニスの世界に入れると、とにかく時間に追われると思います。テニスは比較的練習時間が長いスポーツです。そして試合も、野球やサッカーのように1試合で終わらず、大会は朝始まって夕方まで続きます。学校に行く時間と合わ…続きを読む

お子様のテニスの試合を見てアドバイスする時に持っておきたい着眼点!

春の大切な大会に向けて、練習会などでお子様の試合を見る機会が増えると思います。あまり細かいことは言いたくないけれど、ついつい帰りの車でアドバイスしてしまうもの。悪いとこばかり言うのではなく、褒めてあげないと駄目、そう思っ…続きを読む

お子様にアドバイスする時に持っておきたい『高さ&時間』の概念!

高さと時間という要素を忘れずに 先日の記事でテニスコートのサイズについて書きました。実はかなり縦長なんですが、それよりもお子様にアドバイスする際に理解しておいて欲しい要素があります。それは高さと時間です。この2つを頭に入…続きを読む

お父さん・お母さんがお子様とテニスを楽しむ時のちょっとした心構え。

ここ最近、江坂TC以外でテニスをする機会が増えてきました。完全なるプライベートテニスを楽しんでおります。そこでは、まだ幼稚園か小学校上がりたてのお子様とお父さんやお母さんがテニスをしているのをよく見ます。プレイ+ステイの…続きを読む

海外で評価されない『休めない』ということ。海外の選手がしっかり休む理由とは?

日本人の評価は勤勉で真面目!! 日本人はアメリカのテニスアカデミーでもスペインのテニスアカデミーでも勤勉で練習熱心だと褒められます。夏に行った世界一周テニスの旅の旅先で初めて会うコーチにも言われました。今月に行ったバルセ…続きを読む

問題解決能力を育むチャンスを無駄にしない、ヨーロッパの親の介入の仕方。

テニスの試合は選手自身が審判をする ジュニアテニスの試合ではセルフジャッジという方法が主で、各自で自分のコートのアウト・インのジャッジを行います。上の写真(ダブルスの試合中)日本ではあまり見かけない光景ですが、ヨーロッパ…続きを読む

ジュニアと親を苦しめるポイントシステムを解説!! ジュニアランキングを上げるための複数年計画の年間スケジュールとは。

テニスはオフシーズンなし ジュニアテニスはオフシーズンがありません。国内のジュニア大会は年中あります。暑い寒いに関係なく行われます。一見すると自分が出たい時に、いつでも試合があるからええやん!って考えがちですが、ランキン…続きを読む

優秀なコーチに対してこそはっきりと『強くなりたい!』と伝えることが必要な理由。

忙しくてあまりコーチとコミュニケーションを取る機会がない保護者の方へ。 共働きだったり、兄弟がいたりしてテニスクラブに足を運べず、担当コーチとコミュニケーションを取る時間がない保護者の方は多いと思います。その中で、競技選…続きを読む

テニス環境の変遷から考える子供達にとってベストな環境を整える方法とそれに必要な能力とは?

お子様の環境作りは保護者の皆様の大切な仕事 お子様がテニスに興味を持ち、競技テニスの世界を足を踏み入れる。その瞬間から全くの未知の世界にチャレンジして情報を集め、ベストな環境を用意してあげる役割が保護者の方に与えられます…続きを読む

成功するまで粘ろう。成功者が持つ『Grit』という特質。

みなさんは根性論という言葉を聞いてネガティブなイメージを持つますか? 『根性』という言葉は、かろうじてネガティブ感を払拭できても「根性論』 となれば現代ではネガティブなイメージがつきまとうのではないでしょうか? 根性論は…続きを読む

子供達にとって必要な運動時間。

みなさんはお子様の運動時間に対して不安はないでしょうか? 社会的な影響で、公園で遊ぶ、空き地(死語?)で遊ぶということが少なくなり、 身体を動かす時間が減っていませんか? 運動時間が減ってしまうと、成長に悪影響があります…続きを読む

子供達の集中力は15分ごとの波がある。

テニスでも勉強でも、子どもの集中力を持続させるのはとても難しいもの。 テニスにおいても、強いジュニアほど試合中の集中力が高いと感じます。 それゆえに、ついつい『集中しよう!』という言葉を不用意にたくさん使ってしまいます。…続きを読む

日本の子供達の運動量は先進国で最下位。

運動をする習慣は、運動そのものだけでなく 脳への刺激も重要な役割であることはこのブログでも書いてきました。 では日本の子供達の運動量は、 世界の中でどのくらいなのでしょうか?? なんと、最下位。。。 活動的な運動をしてい…続きを読む

テニスを真剣に取り組むことで得られる効果。

「テニスをやることでどんなことが得られるの?」という疑問は、 多くの保護者の皆様、そして選手自身が直面する問題だと思います。 ですが、スポーツに真剣に取り組むことで、 将来の年収に好影響が出るというデータがあるようですの…続きを読む

子供達の集中力を高めるには有酸素運動が効果的。

子どもの集中力を高めることに苦労されている方は多いと思います。 どのようにすれば集中力を高めさせることができるのか? またどのような子どもが集中力が高いのか? キーワードは、有酸素運動です。 有酸素運動とは長時間可能な軽…続きを読む

子供達が教えて欲しいのは、社会的に必要なルールよりも、スポーツや勉強などのテクニカルな部分。

子どもにテニスをさせたいお父さんお母さんの中には、 自分が運動が苦手だったのが不安だという方がいると思います。 ですが、お父さんお母さんの運動能力はさほど考えるなくていいのです。 運動音痴克服 親の遺伝か? この記事にあ…続きを読む

スポーツは脳に良い刺激を与え、脳の働きを促進することが立証されている。スキマ時間の使い方を教えてあげて勉強との両立を目指しましょう!

子供にスポーツで身体を動かすことはさせたいけれど、あまりスポーツばかりでも勉強の成績に響きそうで怖い。 という不安に陥りませんか? ご安心ください、アメリカの研究でスポーツをすることで子どもの記憶力に好影響かあるという結…続きを読む

テニスを生かして語学習得を目指そう

外国人とコミュニケーションを取るために日頃からしておいた方がいいこと。書くと話すの違い。

海外遠征や外国人コーチのテニスレッスンなど、テニスを通じて英語でコミュニケーションをとるチャンスがある時に、英語が口から出てくる子とそうでない子がいます。学校の授業では全員、少しずつ英語に取り組んでいるはずなのに話せる子…続きを読む

外国人と触れ合う時に持っておくといいちょっとした心構え。

さて、箱根キャンプではスペイン人コーチのファン・エスパルシアさんを招いて、1週間練習をします。そうです、日本にいながら外国人とコミュニケーションを取るチャンスです。子供達にしっかりと内容を理解してもらいたいので、通訳をつ…続きを読む

初海外でも、もっていき方次第で子供達は英語を操り始める!!その成功例とは?

英語を学ぶことの楽しさを感じられるのは、自分の話した英語が相手に伝わった瞬間ではないでしょうか?子供達は、外国人がいる環境に入ると数日後には、自ら話し始めます。話すというか、コミュニケーションを取り始めると言った方がいい…続きを読む

英語コミュニケーション能力を上げていくためには。

英語のコミュケーション能力を上げるためにはどんなアプローチが必要なのでしょうか? スイス公文学園高等部の渡邊博司さんの文献です。 スイス公文学園高等部 英語のコミュニケーション能力の育成には何が必要か? かなりボリューム…続きを読む

語学を学ぶ前に、自国のことを勉強しておこう!

海外に行って外国人とコミュニケーションをとっていると 準備しておけば良かった!と思うことがあります。 それは自分の国、日本について勉強しておくことです。 経験者が口を揃える「やっておけばよかったこと」日本を知る重要性 上…続きを読む

英語を話せるようになるには、まず人と関わろうとす気持ちが大切。

英語のコミュケーション能力を上げるためにはどんなアプローチが必要なのでしょうか? スイス公文学園高等部の渡邊博司さんの文献です。 スイス公文学園高等部 英語のコミュニケーション能力の育成には何が必要か? かなりのボリュー…続きを読む

外国人とのコミュニケーションでは、とにかく会話を続けよう!

海外に行って外国人とコミュニケーションを取る時に意外と困るのが話題です。 自己紹介をしてしまうと、意外と話が続かなくなります。 日本語で日本人とコミュニケーションを取る時は一体どんなことを話したんだろう?って不思議な気持…続きを読む

英語を学び始めるのは早い方がいい。早くから生の英語のコミュニケーションの機会を作ろう!

英語は何歳から学び始めるのがいいのでしょうか? 科学的にも英語を学ぶのは、早い方がネイティヴのようになれることがわかっています。 子どもに英語を学ばせる時期と内容まとめ この記事によると、 1〜10歳前後の間に英語に触れ…続きを読む

テニスと勉強の両立について

テニスと勉強の両立ができている今時のジュニアの特徴!!

テニスだけでなく勉強も大切にしてもらいたい 競技テニスを始めると無くなるのが時間です。テニスクラブへの往復と練習時間、そして週末の試合。1日24時間ー睡眠ー学校ーテニス=??って考えると数時間しか残らないのが実情です。私…続きを読む

遠征中の勉強時間でわかるオンコート&勉強中の集中力がある子の見分け方。

私の遠征では空き時間ができると勉強します。今回、11月のバルセロナ遠征の時に気がついたことがあります。今回参加したメンバーは、過去に例を見ないほど勉強に集中することができるメンバーでした。何人かは学校での成績も知っていま…続きを読む

灘だって受かる!ご家庭のサポートで可能になる、勉強とテニスの両立!!

テニスと勉強の両立はとても大切なことだと考えています。 海外遠征中も勉強の時間は作るようにしています。 日頃の習慣が大切だと考えているからです。 私の指導してきたジュニアの中に灘中に合格したジュニアがいます。 小学低学年…続きを読む

遊びは『学びの視点』から見ても重要な役割がある。

遊びと勉強、遊びと学びは対極にある物でしょうか? テニスの練習においても、一見すると遊んでいるように見える練習がありますよね。 サービスボックスの中だけで行うミニラリーゲームや、 一方はボレーのみ一方はストロークのみとい…続きを読む

シャラポワと本田圭佑の進学に見る、スポーツ(テニス)と勉強の両立。

ここ最近立て続けに、興味深いスポーツ選手のニュースが飛び込んできました。(この記事は7月30日に追記しました。) テニスのマリア・シャラポア選手が、ハーバード経営大学院に進学したニュースと、サッカーの本田圭祐選手がマサチ…続きを読む

運動と勉強は、どちらか一方のみ伸びるのではなく、相互に伸びていく!

運動ができる子は勉強が苦手。 勉強ができる子は運動が苦手。 そんな先入観はございませんか? 実はこれは間違いで、勉強と運動には相関関係があったんです。 北海道教育大学は、学業成績と体力レベルや体格などとの関係性を明らかに…続きを読む

テニス留学について

テニス海外留学について。

海外へ行く様々な理由 ある保護者との留学相談での会話① 留学希望ジュニアのお父様①:『毎日会社で働いていると、あと5年10年経つにつれて、私たちの学んできたことって通用しなくなるなぁって感じるんですよ。』 私:『どういう…続きを読む

保護中: エスパルシアコーチ in 箱根キャンプに参加したT.N君(仮名)の感想!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

チャレンジ サンチェス・アカデミーに参加した大晴君!!

2016年11月に2週間に渡って行なったスペイン・バルセロナ遠征に参加してくれた参加当時小学5年生の石野大晴君の留学体験記です。今回は送り出してくれたお父様からもコメントをいただきました。バルセロナにあるサンチェス・カサ…続きを読む

カリフォルニア親子テニス留学に行った慎之介君!!

カリフォルニアのアドバンテージテニスアカデミーに親子で留学した幣慎之介君・参加当時小学5年生の留学体験記 お父様と一緒にカリフォルニアまで行きました。現地では、できるだけ海外の環境に触れてもらいたいというお父様の意向で、…続きを読む

テニス留学には不可欠な海外旅行保険について調べてみた!!

テニスで海外に行く時に必要不可欠なのが保険です。怪我や病気など不測の事態で病院に行く時、また荷物などを紛失した場合などに対応してくれます。特に海外での医療費はとても高額になりますから、短期であれ長期であれ、海外に行く時は…続きを読む

外人との違い=欠点じゃないよ。from マレーの思い出

違い=欠点ではない 日本人とそれ以外の国籍の人たちを比べたら、違いはたくさんあり、その違い=欠点と認識していたらキリがありません。 なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか ロサンゼルスで本田直之さんのイベントを聴きに行…続きを読む

海外留学で気がつく間違った先入観。

テニス留学をして海外の子供たちと触れ合うことで学ぶことができることはたくさんあります。 間違った先入観を正すことができるというのもその一つだと思います。 日本は辺境の小さな島国で、私自身も海外に出るまでは 『外人って。。…続きを読む

海外留学は何歳から?

こんな質問をよくされます。 海外を経験するのは何歳くらいがいいのかな? 早すぎても意味ないし。いつ頃がいいんでしょうか? スバリ、小学生なら早すぎません。 小学生の2割が海外経験あり、うち36%が将来留学したい この記事…続きを読む

海外留学は子供影響を与えるのか?進路・職業選びに大きな影響を与えることが判明!

海外留学は子供達の人生にどのような影響を与えるのでしょうか? 実は語学だけでなく、その人間形成にも大きな影響があることがわかっています。 高校生の留学増加 海外での経験、進路に影響 まず文部科学省の調査では、留学した高校…続きを読む

よくある質問

お仕事について。

海外テニス留学のカスタマイズ。1週間〜数年まで 随時募集 海外留学、海外遠征サポート 海外に行きたいけど道筋がないみなさまのサポート ジュニア、コーチ、トレーナー年齢問いません。 金額、学習環境、宿泊環境、安心安全の心配…続きを読む

2016スペイン遠征 チャレンジ サンチェス・カサルアカデミーの申し込み終了!

2016年のチャレンジ サンチェス・カサルアカデミーのエントリーを締め切りました。 2016年 チャレンジサンチェス・カサルアカデミー詳細決定!! スペイン遠征 サンチェス・カサルアカデミーでの1日のスケジュール! 今年…続きを読む

テニス留学・質問についてお問い合わせ