ブログ

ジュニアテニスで自分より格上の上手い選手と練習する時に気をつけること

それは、 自分のスピード・リズムで打つこと です。 相手のスピードに左右されない 相手のボールが速ければ自分が打つボールもつられて速くなり、遅くなれば合わせて遅くなるというのでは良くないです。 合わせて読みたい過去記事 …続きを読む

強いヨーロッパのジュニアテニス選手が持っている勇気

それは、 先手を取る勇気 です。 リスク回避 テニスは確率が重要なスポーツです。ミスが多いと勝てません。まずはミスをせずに戦いきることを学ぶ必要があります。とはいえ、ミスをしないことだけでは試合には勝てなくなります。 ・…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手がドロップショットを使う時に気をつけていること

それは 1発で決めようとしないこと ということです。 単体 ドロップショットをそれ単体で決めるというイメージで使うと、ミスすることが多くなります。ネットギリギリにバックスピンのボールを落とさないと決まらないというプレッシ…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手がチャンスボールを決める時に大切にしていること

それは、 シンプルにオープンコートへ決めること です。 シンプル テニスにおいてシンプルに見えるセオリーは、やってみると難しいことが多いです。オープンコートに決めるためには、 ・早くボールに入る ・タイミングを遅くしない…続きを読む

ヨーロッパのジュニアがセカンドサーブの練習で大切にしていること

それは ・確率 ・攻めさせない ・効いているかいないかの判断 です。 確率 セカンドサーブなので、入らないことには話になりません。 ・軌道 ・回転 ・メンタル などをコントロールしてダブルフォルトを減らせるように練習しま…続きを読む

競技テニスで足が遅いと悩んでいるジュニアへ

足が遅くても 短距離走や長距離走が早ければフットワークが良いかというとそうではありません。もちろん、早いに越したことはないですが、遅いからと言って諦めることはありません。 コートカバーは別 足の速さとコートカバーリングは…続きを読む

スペインのテニスアカデミーでジュニアテニスのために、オフコートのトレーニングで鍛えていること

それは ・神経系 ・動作作り ・筋力UP です。 神経系 低年齢の競技特化が進んでいるのは世界共通。そもそも低年齢時は複数のスポーツを行なって、様々な神経系の刺激を受けて運動能力を高めて行くのが理想だと言われています。そ…続きを読む

競技テニスで手足が長い低年齢ジュニアへ

長い手足はコントロールが難しい 低年齢の時の発育には差があります。手足が長いジュニアは、その長い手足をコントロールできるだけの筋力が備わっていないケースが多いです。そのため、自分の手足をコントロールすることが難しくなりま…続きを読む

スペインのジュニア選手が、試合中に使うテニスで勝つために学んでおいて損はない作戦

それは 作戦何もしない です。 相手コートに返すだけ 相手コートの中央付近に、ゆっくりとしたボールを送り続けます。打つなら打ってこいという感じです。エースを取られないように、少し下がってポジションを取り、守りを固めます。…続きを読む

スペインのジュニアテニス選手がスペインドリルを行う時に大切にしていること

それは テイクバックを作って動き出すこと です。 テイクバックをしてからボールに向かって行く テイクバックという言葉の定義が分かれるところですが、 ①上半身のターンを作る ②ラケットは身体の横に(まだスイングアークは始ま…続きを読む