ブログ

錦織選手はどうやって駆け上がったのか?伸びる時期はいつ来るのか不安になる時に読んでほしいこと。

努力しても報われない日々は辛い 学校が終わったらテニスコートへ直行。帰宅してご飯を食べて眠い目をこすりながら宿題。週末は朝から試合。そんなテニスに対して献身的な日々を送っても、そう簡単には結果には繋がらないもの。一気に勝…続きを読む

低年齢トップジュニアになるための条件と逆転へのヒント!

トップジュニアの要素 ・スタートが早い ・すでに競技歴が長い ・スクール以外で個別の練習環境がある ・早生まれ スタートが早い 早ければ3歳、4歳くらいからテニスを始めています。親がテニスをやるので遊びに行って始めたとい…続きを読む

お子様が練習と同じように試合でプレイできない時に読んでほしいこと

お子様の試合を見ていて、練習の時の力が出せていないと感じることはありますか? またそうであったとしても練習と試合は違うからと納得してませんか? そこでどんなことが起こっているのかを理解すれば、練習と試合のプレイは近づいて…続きを読む

英語コミュニケーション能力を上げていくためには。

英語のコミュケーション能力を上げるためにはどんなアプローチが必要なのでしょうか? スイス公文学園高等部の渡邊博司さんの文献です。 スイス公文学園高等部 英語のコミュニケーション能力の育成には何が必要か? かなりボリューム…続きを読む

テニスの試合中にお子様が考えすぎてうまくいかなくなるお父さん・お母さんに伝えておきたいこと。

お子様が試合中にうまくいかなくなり、解決策が見つからず、元気がなくなってズルズルと負けてしまうことがあると思います。真面目な性格のジュニアに多いので、勿体無く感じています。そういうジュニアが、うまくいかない時も、元気を失…続きを読む

ヨーロッパやアメリカのジュニアの日本人とは違うテニスのとらえ方

テニスは投資という考え方 海外の選手は、お金のことをよく考えています。日本では『お金のことを話すのはいやらしいこと』のような空気があります。ですが海外ではお金に関する教育もしっかりしています。ですから、海外のジュニアは子…続きを読む

カリフォルニア親子テニス留学に行った慎之介君!!

カリフォルニアのアドバンテージテニスアカデミーに親子で留学した幣慎之介君・参加当時小学5年生の留学体験記 お父様と一緒にカリフォルニアまで行きました。現地では、できるだけ海外の環境に触れてもらいたいというお父様の意向で、…続きを読む

語学を学ぶ前に、自国のことを勉強しておこう!

海外に行って外国人とコミュニケーションをとっていると 準備しておけば良かった!と思うことがあります。 それは自分の国、日本について勉強しておくことです。 経験者が口を揃える「やっておけばよかったこと」日本を知る重要性 上…続きを読む

英語を話せるようになるには、まず人と関わろうとす気持ちが大切。

英語のコミュケーション能力を上げるためにはどんなアプローチが必要なのでしょうか? スイス公文学園高等部の渡邊博司さんの文献です。 スイス公文学園高等部 英語のコミュニケーション能力の育成には何が必要か? かなりのボリュー…続きを読む