ブログ

ジュニアを育成する時に持っておいた方がいい時間感覚

それは、 2年間 という時間です。 何かを変えたいと思った時 ・戦い方を変える ・打ち方を変える ・グリップを変える 大きな修正を考える時は、だいたい2年くらいは見ておいた方がいいです。 私の経験 戦い方やグリップ変更な…続きを読む

かっこよくエースを取らせたい時に読んでほしいこと。

スピードが全てではない 子供達はスピードボールを打つことが大好きです。それは良いことなのですが、スピードボールが打てるからといってエースが取れるとは限りません。自分が速く打ったボールに対して、相手の返球も速くなり、そのボ…続きを読む

ヨーロッパのジュニア大会を見て、その戦い方の完成度にビビる。。。

ヨーロッパのジュニアは戦い方の完成度が高い! ヨーロッパのジュニア達を見ていて感じることは、10歳の時点でもすでに戦い方が出来上がっていることです。 男子・・・多様性があり変化に富み、攻守の入れ替わりが激しく、回転・スピ…続きを読む

負けず嫌いなヨーロッパのジュニアから学びたい真面目な日本人ジュニアよりも秀でている能力。

それは 試合中に考えて行動する能力 です。 負けず嫌いだから。。。 ヨーロッパの選手は、感情表現が表に出すのでわかりやすいということも言えますが、負けず嫌いの選手が多いと感じます。ですから、試合中になんとかしようとする力…続きを読む

海外コーチに学ぶ、お子様にアドバイスする時に気をつけるべきポイント!

良くないパターン ・アドバイスが多い ・ミスの指摘が多い ・具体性がない ミスをするたびに、そのミスについて指摘してアドバイスをしてしまうと、選手はどうして良いのかわからなくなります。 海外のコーチ コートの中にボールを…続きを読む

ヨーロッパの指導の優先順位から学ぶ、打ち方の生まれ方。

ヨーロッパの指導では、戦い方の指導と打ち方の指導だと優先されるのは、 戦い方の指導 です。 戦い方 ・コートの中にボールを入れる ・変化をつける ・攻撃するときは前に入る など、戦い方の指導が多いです。言い換えると、勝ち…続きを読む

海外のテニス環境でコーチに言いたいことがある時に気をつけること

それは日本の時と同じように、 お互いの立場を考えて話をする ことです。 日本の環境との共通点 ジュニア育成には、テニスだけでなく、人間教育という側面があります。それは世界共通です。コーチとジュニアは、雇用関係ではなく、先…続きを読む

テニスを辞めた時のために、低年齢のことからやっておいた方が良いと思うこと

それは、 低年齢の頃から同時進行で何かをしておくこと です。 日本では 日本には、その道一筋の美学があります。私も好きなのですが、この考え方はグローバル・スタンダードではありません。 海外では ヨーロッパでは、低年齢では…続きを読む

テニスで海外に行くときに考えておいた方が良いこと

海外に行って海外の試合で勝つのか? 海外に行って得たことで国内で勝つのか? 海外に行って得たことを人生経験として生かすのか? この違いがとても大きいです。 日本はテニスの中心地ではない 日本国内で勝つことは、スペインやカ…続きを読む

海外で学んで欲しい強くなるために失ってはならないこと

それは、 最後の最後で自分でポイントを取りきるマインド です。 海外の強い選手は、自分の力で勝ちきる気持ちの強さがあります。その部分だけはなくなることがありません。勝負の最終局面で、勝つか負けるかを相手のショットに委ねる…続きを読む