ヨーロッパのジュニアテニス選手から学びたい試合中の創意工夫

それは 試合中に戦い方に『ひねりを加える』こと です。 変える難しさ 試合中にミッションを変えるのは、意外と難しいことです。やってみるとわかるのですが、結果として自滅に繋がることも多く、試合を台無しにしかねません。普段か…続きを読む

ジュニアテニスでショットの能力以外の部分で勝負するという発想の重要性

ショットの能力を高めるには時間がかかる テニスの各ショットのクオリティを高めるには、時間がかかります。身体機能を高める必要がありますし、ボールの数もかなりの量をこなす必要があります。 合わせて読みたい過去記事 スペインド…続きを読む

ジュニアテニスで、戦績を落とさずに受験を乗り切るために

テニスは下手にならない 受験期間中にテニスをゼロにしても、テニスは下手にはなりません。一度身についた技術は、自転車に乗るようなもので、一生モノです。ただ、体力は落ちます。そして練習せずに、技術が上がることもありません。余…続きを読む

まだ経験が浅いヨーロッパジュニアができる、テニスの試合で勝つための最低条件

それは、 ・ミスしない ・諦めない です。 ミスしない トッププロの試合を見ていると、その攻撃力が高過ぎてわからなくなりますが、テニスで戦うことのベースには、『ミスしない』ということが基本中の基本になります。ヨーロッパの…続きを読む

まだ未完成なヨーロッパの低年齢ジュニアテニス選手の試合から感じること

それは 高い技術力 です。 技術 ヨーロッパのU12の試合を見ていて感じるのは、技術力の高さです。U14以上になると、フィジカルが急激についてくるので、ボールのスピードや回転量が目を引くようになりますが、それ以前に高い技…続きを読む

ジュニアテニスで、テニスの違いを作る重要な要素

それは リズムの取り方 です。 コート上でのリズム テニスのプレイ中、選手はリズムを刻んでいます。 ・細かく早いリズム ・ゆったりとしたリズム ・独特のリズム(間) など様々です。 合わせて読みたい過去記事 ヨーロッパジ…続きを読む

ヨーロッパのコーチ学ぶ、ジュニアテニス選手の大一番前に行う調整法

『回す』と『開く』 選手は身体を回旋させることで、ヘッドスピードを上げます。速いボールを打とうとすればするほど、勢いよく身体を回旋させようとします。その結果、身体が開いてしまうと、ボールに力が加わらなくなり、コントロール…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチがジュニア選手にアドバイスする時に、その内容よりも気をつけていること

それは アドバイスの伝え方 です。 腑に落ちるタイミング 選手には、同じことを指摘されても、腑に落ちるタイミングと言い訳したくなるタイミングがあります。選手の腹にストンと落ちるタイミングを見計らってアドバイスします。伝え…続きを読む

ヨーロッパのコーチがジュニア選手のレベルアップのために大切にしていること

それは 毎回ウォーミングアップを変えること です。 テーマ 練習には、テーマがあります。 ・前に入って打つ感覚 ・ミスせずにペースを上げる感覚 ・相手から時間を奪う感覚 など、その日中に得てもらいたい感覚があり、その感覚…続きを読む

ジュニアテニスでお子様を上昇気流に乗せるために、お父さんお母さんにできること

成功体験が起こる可能性を高める ジュニア選手は、 ・強い選手から1ゲーム取れた ・フォアハンドが決まった ということでも大きな成功体験として、モチベーションアップに繋がります。また自信がついて、本当にレベルアップしたりし…続きを読む