ジュニアテニスで試合後のお子様にアドバイスする時に、ふと思い出して欲しいこと。

それは、 頑張ったことに関しては、正しく評価してあげる ということです。 試合はやりきるだけで大変なこと 低年齢であっても、中高生であっても、試合の数だけ各々のプレッシャーがあります。そのプレッシャーを感じながら、戦い抜…続きを読む

ジュニアテニスで格上の選手に勝つために、練習試合で意識して取り組むと良いこと

年上の選手や同年代のライバルなど、格上の選手との対戦は、モチベーションも高まりますし、勝って自信をつけ、ランキングポイントを上げたいところです。今はランキング上位にいる選手も、ノーシードから勝ち上がることでその座をつかん…続きを読む

ヨーロッパのコーチに聞いた日本ジュニアテニス選手の頭の使い方。良い所・良くない所

打ち方に関する考え方は優秀な日本人 ・どんなことに気をつけて練習にのぞむのか? ・今日の改善ポイントは何か? など、練習に取り組む姿勢・考え方に関しては、日本人はとても優秀であると、ヨーロッパのコーチからは褒められます。…続きを読む

テニスの試合経験をジュニアの上達につなげるため、お父さん・お母さんがお子様に声をかけるときに必要なこと

それは、 具体的な表現 です。 練習の比重が高い日本 ヨーロッパと比較すると、日本は練習にかける時間が長いように感じます。私もそうでしたが、基本的に日本人は練習好きです。練習でできるようになってから試合に出たいと考えるタ…続きを読む

ヨーロッパのコーチの教え方から学ぶ、お父さん・お母さんがお子様の試合後に声をかける時のポイント

ミスの指摘の仕方 ジュニア選手が、ミスをした時に直接的にそのミスに触れるのではなく、『何をしようとしたか?』を聞きます。ジュニア達は、 ・相手のバックハンドを狙おうとした ・深く打とうとした ・何も考えていなかった など…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチのレッスンに学ぶ、自ら考えられるジュニア選手の育成法

戦い方の指導が多い 海外のアカデミーに行くと、気がつくのは、『戦い方』の指導が多いことです。コート上でシンプルに、自動的に、勝つためのショットを選択できるようにすることが目的です。練習の中で考えずに打つことが多いと、メッ…続きを読む

ヨーロッパジュニアのような成長をしたければ、テニスの試合はこうやって選ぼう。ちょっとした工夫で成長できる大会の選び方。

それは、 できるだけ対戦相手の情報がない状況を作ってあげること です。そうすることで、 戦いながら、相手の強いところ・弱いところを探す能力 が身につきます。 相手の情報がある環境に慣れている日本ジュニア 競技テニスの人口…続きを読む

世界中、強くなるジュニアが、テニスの練習でやっていること

それは 地味な反復練習 です。 世界中やっていることは同じ テニスの練習方法は、世界中、たくさん種類があるように感じます。ですが、基本的にやっていることは、反復練習です。毎日やっていると嫌にもなるし、自分の進歩が感じられ…続きを読む

試合に勝つジュニアが低年齢の頃からコート上でやっている、世界共通の努力。

それは、 できないなりになんとかすること です。 あるショットができるようになってから ・セカンドサーブが入るようになったら ・バックハンドが打てるようになったら ・もう少しミスが減ったら 特定のショットを練習する時に、…続きを読む

ジュニアテニスで、リードするけれど勝ちきれない時に読んでほしいこと

4−1や5−2から勝てない ご自身がテニスをされていたお父さん・お母さんは経験上知っていることですが、4−1や5−2は、意外と逆転されやすいスコアです。特にサーブが1ブレイクでこのスコアだと、リードしているとはいえ、選手…続きを読む