ラリーが長く続くクレーコートで、ヨーロッパジュニアが時間を作って練習していること

それは ショートポイントの練習 です。 3球以内 サーブレシーブを含めて、自分が打つボールを3球以内に抑えてポイントに結びつけます。サーブやレシーブで積極的にオープンコートを作っていく意識が必要になります。 合わせて読み…続きを読む

ジュニアテニスで強い選手の試合を見て、上達のヒントを得たい時のチェックポイント

それは ボールの回転(量・変化・使い方) です。 コース クロスに打つ時、ストレートに打つ時、逆クロスに打つ時で回転が異なります。ストレート系はサイドにきれていかないように、クロス系は外に逃げるように回転を加えています。…続きを読む

ジュニアテニスでタッチの良い選手から学べること。

先天的 タッチが良い選手と聞くと、先天的な能力が高いように感じますが、練習次第で後天的にも高いレベルでの柔らかいタッチショットが習得可能です。 合わせて読みたい過去記事 ジュニアテニスで、自分よりも強い相手に勝ちたい時に…続きを読む

ジュニアテニス、フットワークがいい選手の真似しやいところ、学びやすいところ

フットワークが良い選手は、大きく分けると2タイプに分かれます。 ・運動量が多く見える選手 ・運動量が多く見えない選手 運動量が多く見えるタイプ 基本通り打ったら戻る動きを、サイドステップやクロスステップを使いながら行い、…続きを読む

ヨーロッパのジュニアを超えたい、テニスで良いストロークを打つために求められること

それは、 あたりが厚いこと です。 厚い薄い ボールをラケットに打つ時のあたりが、『厚い』や『薄い』という言葉表現されると、イメージが湧きにくいですよね。現在では、 ・運動力学的 ・感覚的 ・バイメカ的 など様々な角度か…続きを読む

ジュニアテニスで練習試合を上達につなげるためのコツ

レッスン中のマッチ練習や、イベントなどのマッチ練習会など、練習試合をする機会はたくさんあると思います。練習試合は、試合の中でうまくなる絶好のチャンスです。どんなことに気をつければ、上達につながるのでしょうか? 勝つことを…続きを読む

スペインのコーチがジュニアテニス選手の打ち方や戦い方を指導する時に大切にしていること

それは ゴールのイメージ です。 打ち方 今の打ち方から、どの部分を変更して、どういう打ち方に変えたいのか?変更後のスイングのイメージは大切です。そこに持ってくために、 ・身体機能を向上させる ・打ち方をダイレクトに変更…続きを読む

シコラーから学べる、テニスが強くなるために必要なこと

それは 『間』の作り方のうまさ です。 決められない間 速いボールを打ってこないので、ラリーに絶妙な『間』が生まれます。こちらが速く攻撃しても、相手の立て直しが早いので、ウイナーが取れません。攻め急ぐとミスさせられる間を…続きを読む

ジュニアテニスで伸び悩みと感じた時にはこうしよう!!新たなモチベーションを生むために。

伸び悩みを感じた時には、新たなモチベーションが欲しい。もっとも簡単な方法は、 勝ちにこだわってみること です。 競技テニスは勝ちを目指すことが前提 競技テニスでは、勝つためにプレイすることが暗黙のルール、絶対条件です。 …続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手が試合で使う、勝つために重要な役割をするボール

それは わかっていても打ちにくいボール です。 エネルギーがいる ・高い打点で打たされるボール ・追い出されるボール などは、そこに来るとわかっていても打ち返しにくいです。打ち返すのにエネルギーも使います。 合わせて読み…続きを読む