ジュニアテニス選手で、ビッグショト(武器)がないと悩んでいる人へ

誰もが羨む、サーブ・フォアハンドを持っているというようなわかりやすい武器は、そうそう持てるものでありません。それでも総合力で上回ればテニスは勝てます。わかりやすい武器はなくても、相手にプレッシャーをかける方法はたくさんあ…続きを読む

ジュニアテニスで試合経験を積んだ方が良い理由

それは テニスは相対評価なスポーツ、比較しないとわからないから です。 ボールの質 ボールの重さは、実際に打ち合ってみないと比べられません。見た目がすごそうでも、打ち返してみるとそれほど重くないボールもあれば、見た目はス…続きを読む

競技テニスで、少しずつ確実に上手くなっていくジュニア選手に共通すること

それは アイディアを形にする能力 です。 やりたいことがある ・上手い人のテニスを見たとき ・練習中にうまくいかなかった時 などに、チャレンジしたいプレイのアイディアが浮かんできます。例えば、 ・回り込んでエースが取りた…続きを読む

ヨーロッパのコーチがジュニア選手を指導する時に気をつけていること

それは 『やりたいこと』と『やってもらいたいこと』のバランスを取ること です。 ジュニア選手 テニスに夢中なジュニア選手は、 ・かっこいいテニス ・速いボール ・エースを取る など、『やりたいこと』だらけです。トッププロ…続きを読む

競技テニスで、試合経験豊富なジュニアが勝つコツを学べる理由

それは 同じシーンに何度も出くわすから です。 苦手なシーン 試合のビデオを見返していると、ポイントを取られているシーンに目がいきます。 ・苦手なところを狙われた ・緊張した ・自滅した 戦績に成長が見られない時は、大体…続きを読む

ヨーロッパの強くなるジュニア選手が低年齢の頃からトライしていること

それは 試合結果を相手に委ねないこと です。 もがきながらも 低年齢の頃、テニス歴が浅い頃のテニスは、かっこいいやりたいテニスをすると、自滅することが多くなります。自分のキャパの範囲内でできるテニスとやりたいテニスの狭間…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが低年齢のジュニア達に必要だと思っていること

それは テニスのあらゆる側面を学ぶこと です。 テニスの基本 競技テニスには、勝つための基本があります。 ・各ショット ・戦術 ・フィジカル ・メンタル など多岐にわたる基本を学ぶ必要があります。それぞれを試合で使いこな…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手が、テニス経験の浅いうちから試合に出る理由

それは 戦いの中でしか学べないことがたくさんあるから です。 察する 選手の負けパターンは大体同じです。 ・試合運び ・試合中の思考 は、個性が出るだけに、パターン化されます。試合経験を積むことで、自分の陥りやすい負けパ…続きを読む

ジュニアテニスでお子様と保護者のモチベーションを保つために必要なこと

それは 移動距離 です 煮詰まる 競技テニスに邁進していると、地域ではいつも知っている相手と対戦することになり、同じ顔ぶればかりで疲れることがあります。カテゴリーの最終年齢の大一番では、『これで負けたら全てが終わるのでは…続きを読む

スペインのテニスコーチがジュニアを育てる上で大切にしていること

それは 個性を見抜くこと です。 カリキュラムは網羅型 テニスの練習カリキュラムは、全ての技術・全ての戦術を指導する網羅型が多いです。出来ないショットを作らないように、全てをカバーして練習を進めていきます。 合わせて読み…続きを読む