ジュニアテニスで、お子様の試合を見る時に考慮に入れて欲しいこと

それは、 発育スピード です。 最大で±3歳 お子様のテニスの結果を評価する時に、考慮に入れて欲しいのは、最大で±3歳と言われている発育スピードです。早生まれの選手が有利なことでもわかるように、結果に大きな影響を与えるか…続きを読む

競技ジュニアテニス新年度スタート!年間スケジュールを作る上で大切にして欲しいこと

それは あえてマイナス面をスケジューリングすること です。 捨て試合 練習マッチや、獲得ポイントが低い大会など、自分がトライしているテニスを結果にこだわらずに表現できる場を作りましょう。ポイント獲得にシリアスになり過ぎ、…続きを読む

競技テニスで、ポイントの取り方が上手いジュニア選手に共通すること

それは 自分の戦い方を言葉にできること です。 ジュニア ジュニア選手は、ショット単体には強い興味を示し、向上に努めます。ですが、戦い方となると、興味が薄れてしまい、感覚だけでプレイしがちです。 合わせて読みたい過去記事…続きを読む

ヨーロッパのコーチに聞いた、伸びるジュニアテニス選手はどんな選手?

それは 自分の頭で考えられる選手 です。 基本 テニスの打ち方・戦術には、基本がありコーチは基本を徹底して指導します。情報量は多くなり、全てをマスターすることは簡単ではありません。 合わせて読みたい過去記事 世界中、強く…続きを読む

ジュニアテニスで、格下との練習から学べる上達に必要なエッセンス

それは、 テニスは早くするだけでなく、遅くすることも重要な技術であること です。 自分の練習 強い選手ほど、誰と練習しても自分の練習にしてしまいます。そこにはテニス上達のヒントが隠されています。テニスのラケットワークやフ…続きを読む

ジュニアテニスで思わぬ苦戦をしたときこそ、成長のきっかけだと思って頑張る必要がある理由

それは、 練習してきたかっこいいテニスから、勝てるテニスに調整されるから です。 噛み合わない それぞれのテニスには個性があり、噛み合わない相手、苦手なタイプが存在します。また、練習してきたテニススタイルと、相手のテニス…続きを読む

ジュニアテニスで、お子様の成績に影響を与える、お父さん・お母さんの役割

安全基地 ジュニア選手にとって、家庭は安全基地です。タフな勝ち負けを経験して、十分な経験をしていますから、しっかり休める環境にしまよう。 合わせて読みたい過去記事 強くなるジュニアのお父さん・お母さんに共通していること。…続きを読む

ヨーロッパで、強い低年齢ジュニアのテニスに共通していること。

それは 同じボールを続けて打たないこと です。 ノーリピート ・スピード ・コース ・タイミング ・高さ ・回転 など、ボールには様々な要素があります。ヨーロッパのU12・U14の選手で変化をつけることが得意な選手(特に…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが、ベストパフォーマンスを出せない練習は、ジュニアにさせない理由

それは 悪い癖がつくから です。 疲れ 身体が疲れてしまい、思ったような出力が出せないことで、無駄な力みが強くなります。ボールは余計に飛ばなくなり、さらに力むことになるという負の連鎖が始まります。 合わせて読みたい過去記…続きを読む

ジュニアテニスで、対戦相手の余裕を崩すために必要なこと

それは、 あともう一本返す意識 です。 もう一本 ミスしているボールは、相手もリスクを背負って打ってきているボールです。自分が感じているよりも、相手には余裕はないものです。ミスせずにもう1本相手コースに返すことで、相手に…続きを読む