ブログ

ヨーロッパのテニスコーチが低年齢のジュニア達に必要だと思っていること

それは テニスのあらゆる側面を学ぶこと です。 テニスの基本 競技テニスには、勝つための基本があります。 ・各ショット ・戦術 ・フィジカル ・メンタル など多岐にわたる基本を学ぶ必要があります。それぞれを試合で使いこな…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手が、テニス経験の浅いうちから試合に出る理由

それは 戦いの中でしか学べないことがたくさんあるから です。 察する 選手の負けパターンは大体同じです。 ・試合運び ・試合中の思考 は、個性が出るだけに、パターン化されます。試合経験を積むことで、自分の陥りやすい負けパ…続きを読む

ジュニアテニスでお子様と保護者のモチベーションを保つために必要なこと

それは 移動距離 です 煮詰まる 競技テニスに邁進していると、地域ではいつも知っている相手と対戦することになり、同じ顔ぶればかりで疲れることがあります。カテゴリーの最終年齢の大一番では、『これで負けたら全てが終わるのでは…続きを読む

スペインのテニスコーチがジュニアを育てる上で大切にしていること

それは 個性を見抜くこと です。 カリキュラムは網羅型 テニスの練習カリキュラムは、全ての技術・全ての戦術を指導する網羅型が多いです。出来ないショットを作らないように、全てをカバーして練習を進めていきます。 合わせて読み…続きを読む

ラリーが長く続くクレーコートで、ヨーロッパジュニアが時間を作って練習していること

それは ショートポイントの練習 です。 3球以内 サーブレシーブを含めて、自分が打つボールを3球以内に抑えてポイントに結びつけます。サーブやレシーブで積極的にオープンコートを作っていく意識が必要になります。 合わせて読み…続きを読む

ジュニアテニスで強い選手の試合を見て、上達のヒントを得たい時のチェックポイント

それは ボールの回転(量・変化・使い方) です。 コース クロスに打つ時、ストレートに打つ時、逆クロスに打つ時で回転が異なります。ストレート系はサイドにきれていかないように、クロス系は外に逃げるように回転を加えています。…続きを読む

ジュニアテニスでタッチの良い選手から学べること。

先天的 タッチが良い選手と聞くと、先天的な能力が高いように感じますが、練習次第で後天的にも高いレベルでの柔らかいタッチショットが習得可能です。 合わせて読みたい過去記事 ジュニアテニスで、自分よりも強い相手に勝ちたい時に…続きを読む

ジュニアテニス、フットワークがいい選手の真似しやいところ、学びやすいところ

フットワークが良い選手は、大きく分けると2タイプに分かれます。 ・運動量が多く見える選手 ・運動量が多く見えない選手 運動量が多く見えるタイプ 基本通り打ったら戻る動きを、サイドステップやクロスステップを使いながら行い、…続きを読む

ヨーロッパのジュニアを超えたい、テニスで良いストロークを打つために求められること

それは、 あたりが厚いこと です。 厚い薄い ボールをラケットに打つ時のあたりが、『厚い』や『薄い』という言葉表現されると、イメージが湧きにくいですよね。現在では、 ・運動力学的 ・感覚的 ・バイメカ的 など様々な角度か…続きを読む

ジュニアテニスで練習試合を上達につなげるためのコツ

レッスン中のマッチ練習や、イベントなどのマッチ練習会など、練習試合をする機会はたくさんあると思います。練習試合は、試合の中でうまくなる絶好のチャンスです。どんなことに気をつければ、上達につながるのでしょうか? 勝つことを…続きを読む