バルセロナETA U14男子 攻めきる。。。


こんにちは!
今日からスーパージュニア予選。
ジュニア達は見に行くべきでしょう。
決勝、準決勝もいいですが、
1Rや2Rなどたくさんコート面数を使用している時も面白いと思います。
あとは打ち方ばかり見ないで、
ボールの質やポイントの取り方に興味を持ってもらいたいですね。
さて今日もバルセロナのETAの動画。
U14になると、体力レベルがグンと上がります。
特に男子。ボールのスピード・スピン量も上がるし、
走るスピードも上がります。
打っても打っても決まりません。
でも打たないとやられてしまいます。
この遅いレッドクレーで、最後まで決めきることはとても困難。
このレベルになると、YouTubeの動画であっても、
ボールのスピードが伝わりますね。
ちなみに回転量もすごいです。

センターへスピンサーブ。

photo:01



コート深くへ打ち込む。

photo:02



ワイドへショートクロス。

photo:03



逆クロスへのサービスボックスに入って逃げていくボール。

photo:04



相手の動きが止まった所で、ストレートへズドン!

photo:05



これだけタフなラリーを3セットマッチで繰り広げるわけです。
タフな選手がたくさん育ちます。そしてそのタフな選手同士で
また競い合います。その頂点にいるのが、
ナダル、ジョコビッチ、マレー、フェレールなわけです。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ