バルセロナETA  U14 ただ返すだけではもちろんない。。。


こんにちは!
昨日紹介したU14の男の子。
この映像だけ見れば、
『な~んだ足なんてちょこちょこ動かさなくてもいいんだ!』
なんて思うかもしれません。
もちろんただ大股で楽して動いて、
ミスを待っていれば勝てるってほど甘くはありません。
いくら粘るだけ、返しているだけといっても
相手が弱いボールを打ってくればフィニッシュできる能力は持っています。
ただ返しているだけでは当然、すぐに勝てなくなります。
彼のようなタイプは、
相手に無理やり打たせるように持っていくことで、ポイントを稼ぎます。
『こいつには、良いコースに良いボールを打たなければ勝てない』
と思わせることが必要です。
ただ返すだけでは、『こちらも返しておけば攻められない』
と相手に余裕を持たせてしまいます。
カウンタータイプの選手に必要なのは、
相手が弱いボールを打った時にはしっかりと攻められる能力です。
それでいて、自分の長所を生かすためにあえて、
ベースラインからカウンターを狙うスタイルを選択しているということです。
ちょうど昨日紹介した彼が、
しっかりと相手の弱いボールを
フィニッシュするシーンがありました。

サーブ後、相手のリターンが弱かったので
コート中に入って打つ。

photo:01



そのままベースラインの内側で、相手の返球を待ちます。
ただ返すだけのプレイヤーならここでも下がってしまいますが、
彼は違います。

photo:02



その次のボールもコートの中で打ちます。

photo:03



そのままネットを取ります。

photo:04



ミスしやすい前に移動しながらのハイボレーもなんなくこなします。
これは動かそうと思えば、足が細かく動く証拠です。

photo:05



軽くフィニッシュしています。

photo:06



ここまで簡単そうにポイントを取ることができるのは、
彼が正確にボールを捉え、コントロールできるからです。
細かく素早く動かそうと思えば動く、
またそういう練習もしているけど、
自分の長所を生かすために、普段はあえて
大股で動いているということです。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ