バルセロナETA U14誘き出すスライス。。。


こんにちは!
今日もバルセロナETA U14の動画から。
ものすごい打ち合いを多々みた割には、
良い動画が残っていないのが少しショックです。
センターコートなど、撮影しやすい場所がなかった。。。
そう考えるとジュニアの後父兄の方々は、
ビデオカメラをどんな状況でもセッティングする技術を持っていますね。。。
教えてもらわんと。。。
さて今日はスライスの使い方。
球足の遅いクレーコートでは、ラリーが長く続きます。
その打開策として正攻法での攻撃はもちろんのこと、
ドロップショットやスライスを駆使して、
相手をうまく動かしてポイントにつなげることも必要になってきます。
画面手前の選手は、ラリーで左右に振られ、
不利な状況になりカウンターも打てないので、
スライスを短く刻んで相手を前に誘き出してポイントにつなげます。

大きくバック側に振られて、スライスの体勢になってしまい、
逆襲のチャンスがありません。

photo:01



そこでわざとスライスを短く打って、相手を前に誘き出します。

photo:02



スライスでボールが弾まず滑るので、
相手は低い打点での処理をさせられます。

photo:03



一枚目の写真では劣勢だったのに、
たった1回のラリーでここまで自分が有利な状況を作っています。

photo:04



次は逆に画面奥の選手が短いスライスを使います。
ラリー中に相手が回り込んでできたスペースにうまくきざみ、
ポイントにつなげています。

手前の選手がラリーの中で
少し強引に回り込んで体勢が崩れていまいます。

photo:05



強引に回り込んだことによって、
このスペースに大きく空きができてしまいます。

photo:08



そこに走りこんでスライスで処理しますが、
深く狙いすぎてミスしてしまいます。

photo:07



相手のコートの空きスペースを見つけて、そこをついていく。
ただハードヒットするのみではなくて、いつも空いている所を
探していることが大切。
そしてポイントに直結しなくても、
変化をつけることで、試合全体で考えると
影響力があったりします。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ