押しているなぁ。。。


こんにちは!
ヨーロッパジュニアツアーU12の男女決勝戦を観てきました。OPを見ると18時30分スタートでしたが、早めに行ってクラブ周辺を探索したり、施設を見学しようとお昼過ぎには到着。
が、しかしなんにもない山の上にクラブがあり、テニスのレッスンも誰もしていない。。。普段はアカデミーというよりは、日本で言うスポーツクラブのような感じで運営している施設でした。
待つこと五時間、やっと女子決勝のウォームアップがスタート。最初に感じたことは、『日本人のジュニアはボールを押しているなぁ』ということ。
だから悪いと言ってるわけじゃないですよ。
普段は日本人同士のラリーしか見ていないので比較できないし、僕自身、ヨーロッパにいたのは約10年前、記憶は完全に薄れています。
全日本ジュニアを見ていても、『日本の女子もボールをしっかり打つようになったなぁ』なんて思っていましたが、ヨーロッパはさらに打っている感じです。
こういうのって比較の対象がないとわからないもの。日本のU12のジュニアとおじさんの僕のスイングを比較すると、僕の方がスイングが遅く、ボールを押しているように見えます。
でも昨日見たジュニアと日本の同年代のジュニアを比べると。。。
U12なので力強さはないですが、とにかく振り抜きが速く、ボールを押している感じは全くない。
力強さないのに、ボールはとても伸びる。決勝で負けた左利きの女の子のボールなんて、めちゃくちゃ速い。あれ僕がラリーしたら最初は振り遅れまくりでしょうね。。。苦笑。
その後の男子はもう絶句ものでした。君らほんまに普段はランドセルか?って感じ。(あっ、あれは日本だけか。。。)
男子についてはまた。今からバルセロナに移動。そしてU14・U16のカテゴリー1(一番上)観戦&留学時代のコーチに再会の旅です!

photo:01



P.S. 3セットマッチ練習会にエントリーしていただいている方、現在スペインにいるのでメールの返信が遅れてます。申し訳ありません。そして9月1日の日曜日は、メンバー不足で開催できません。伝達が遅くなりすいません。他の日程でエントリーお願いいたします。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ