2014 チャレンジ サンチェス・カサルアカデミー 七日目!


こんにちは!
バルセロナ七日目!
今日は練習最終日です。
みんなこちらの時間にも慣れてきて、朝起きてこなくなりました。本当に、よく動いて、よく食べて、よく寝てという理想的な生活です。
僕も10年前にここに留学していた時は、練習がキツすぎて、昼寝を合わせると11時間半きっちり寝ていました。
昨日も順調に一日のメニューをハードにこなし、その後は日本人チームで追加で一時間半ほど練習。

photo:01



夕日でわかりにくいですが、カサルとアンヘルがマンツーマンでレッスンしてくれてます。
ジュニア達は、とにかくこちらのジュニアのボールは『重い』と言います。テニスにとって、『速い』ことも大切ですが、『重い』ということもとても大切。
そしてもう一つ、ここに来て気づき始めているのは、『メンタルの強さ』です。
昨日はクラブの中の二面だけを使って小さな大会が行われていました。
たまたま空き時間にその試合を見ることができた日本人チーム。そこで見たのは、練習中は集中力がなく、ラケットを投げ、投げやりなプレイをする選手の見事な逆転勝利。
日本ではあまりお目にかかれない、珍しい光景です。日本では、練習中にメンタル弱いと本番ではもっとボロボロになるのが普通。
こちらの選手は、練習中と試合中で二段階くらい強さがアップします。日本人はどちらかと言うと、練習中と本番の試合中で変わらないアベレージタイプなので、面白い光景が見られたと思います。
こういう異文化と触れ合うことによって、彼らのメンタルにも好影響があればいいなと思います。
実際昨日のレッスン後の日本人チーム練習でのポイント形式では、日本では見たこともない『戦う姿勢』を見ることがるできました。

photo:02



みんな自分達の感性で日々吸収しているんでしょうね。僕はそれを、聞いたことある言語で少し整理しているだけです。
さて、明日はもう出発です。
今日の滞在最後の練習もしっかりサポートしてきます。
iPhoneからの投稿

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ