スムリクバボール遠征備忘録!今日は横からの動画!ヨーロッパの低年齢選手の現状!!


こんにちは!

関西ジュニアもほぼ終了。
結果を受け止めて、また次の大会に向けてトライあるのみ。
今回は1度も見に行けませんでしたが、全国小学生に向けて調整中。

さて、今日もクロアチア遠征の動画から。
これまでは戦術的な内容を中心に見てきましたが、
今日のは打っているところを横から撮った映像です。

2つとも、スムリクバボールの動画。
ということは2人とも2006年生まれ10歳の選手です。

低年齢ですが、フィジカルが強いのがよくわかります。
まずはこちらから。力強いフォアハンドです。

浅いボールを期待していたけど、深い返球だったので下がる準備。

image

しっかり下がるけど、体重移動ができるように準備完了!

image

高い打点で一気に振り抜く!

image

10歳でこの廻旋力!!

image

下がったはずなのに、一発でエースを取っています。

そしてこちら。
とにかくよく走り、全てのボールを合わせることなく
しっかりと打ち抜いています。

下がっても

image

フォアの高いところでも

image

バックの高いところでも

image

フィニッシュのコートの中でのフォアも

image

全てボールの後ろに入ってしっかりと打ち抜いています。

この後10年で、これらの選手たちは、さらに大きくなりフィジカルは高くなっていきます。日本人が上回ろうと思えば、こういう選手たちの中で揉まれて、勝ち抜いていく術を身につけていくしかありません。

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ