2016スムリクバボール遠征備忘録。男子の重いボール。女子とのペースの違い。ロングポイントとショートポイント。


こんにちは!

今日も丸一日テニスコート。
なかなか関西ジュニア応援に行けません。
全日本進出を決める試合くらいは行きたいなぁ。

さて今日も忘れないうちにクロアチア遠征の動画を整理。
今日からはDudbowl男子の動画。決勝戦。
ロングポイントとショートポイントのわかりやすい動画です。

男子になるとスピンの量がかなり増えるので、
なんとも言えないスローペースに感じます。

最初の動画は、お互いにバックサイドで重いボールを打ち合いながら探り合い、最後に回り込みフォアでストレートに仕留めるシーン。これは静止画よりも動画で見た方がいいですね。

クレーコートが生み出す、なんとも言えないスローペース。でもお互いにチャンスを伺いながらしっかりとボールを打っています。当て返しでは、すぐに決められてしまいます。どちらも重いニュートラルボールを打っているからこそ成り立つポイントです。

ここまでオープンコートを作って、しかも打点を落とさずに高い打点でエースを狙いに行きます。

image

次の2つはショートポイント。
まずはリターンエース。これも何気なく打ってますが、打点高いです。
手前の選手のセカンドサーブはかなり弾んでます。

いいタメが作れていますね。わかりにくいですが。。。

image

そして最後のは、深いボールとドロップショットの組み合わせ。
これ、教科書通りです。

クロスに深く打って相手を下げておいて。この時点で手前の選手は後方に下げられて画面に映ってません。

image

一番走る距離が長い対角線上にドロップ。

image

見事ですね。

昨日までの女子のラリーと比べると、男女のテニスの違いがよくわかります。男子の方が、空中でのボールスピードは遅いです。スピンをたくさんかけるからです。

この男女のスピード感の違いは、指導するときに役に立ちます。
年齢が上がるにつれて、男女のテニスは違うスポーツであるかのように深い違いが出てきます。

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ