スムリクバボール遠征備忘録! MORE THAN TENNIS 素晴らしいスローガンPart2!


こんにちは!

今日は昨日の続きで、スムリクバボールのホスピタリティについて。

昨日の記事。スムリクバボール遠征備忘録! MORE THAN TENNIS 素晴らしいスローガンPart1!

10歳という年齢を考慮しての、プレッシャーをかけ過ぎない雰囲気作りが素晴らしいこの大会。

その日の試合が終わると、各種イベントが用意されています。出場したいグランドスラム大会の名前を言いながら、オリーブの樹を植えるというイベントもその1つ。

image

そして自家製のオリーブオイルをプレゼントしてくれます。このテニスクラブは、自家製のものが多く、ワインも自家製の物を参加賞としてもらえます。

image

昨日紹介したラベンダーの化粧水もそう。天然のラベンダーがテニスコート傍に咲いていて、とてもいい匂いがしています。蜂もすごいですけど。。。

image

決勝戦の前日は、Burijuni National Parkへのクルージングツアーがあります。日本チームは、松島コーチがもっと良いクルージングを知っているということで、別のクルージングをしましたが。そのクルージングでの景色。信じられないくらい綺麗な海です。

image

かもめもすぐ近くまで飛んできて、手渡しでエサをあげられます。

image

そして特筆すべきは、毎日のようにテニスと各種お楽しみイベントが、必ず1セットになっているということです。

昨日紹介した、『More Than Tennis』というスローガンの元、大会の雰囲気作りに工夫を凝らしているのが、大会に参加するとよくわかります。

①10歳の子供であっても選手として扱う
②テニスとお楽しみイベントを行う

大きく分けるとこの2つがポイントになっていると思います。

①に関しては、昨日の記事に書いたように、開会式のインタビューや、サインボードなど、プロ選手が行うようなことを行うことで、子供達の気持を高めています。

②は、テニスの結果だけに神経質になり過ぎないように、良い夏休みの思い出になるように配慮がされています。

世界一を決めるという高いテンションで試合をしていますから、10歳の子供達が、応援している親が外野で喧嘩になることもあるような、過剰なプレッシャーの中で試合をすることになります。

行き過ぎた雰囲気にならないように、ミオを中心としたスタッフがちょうどいい競争の雰囲気を作っています。

それが認められ、人伝てに広がって行ったからこそ、このプーラという田舎町のたった3面のテニスクラブに、世界中から10歳の各国トップクラスのテニス選手が、毎年集まってくるのでしょう。大会の歴史を感じる、歴代優勝者の写真が並んだ壁。

0Q6A0548

2年連続で参加しましたが、また来たいと思える大会です。そしてなりより『More Than Tennis』というスローガンに、この大会のすべてを感じます。

image

FCバルセロナの『més que un club』(クラブを超えた存在)に、何か似たものを感じます。スローガンを掲げてそれを守るために行動し続けることはとても難しいこと。

スムリクバボールの運営には、スローガンの素晴らしさと、スローガンを守る為に行動しつづけていることの凄さの両方を感じます。
スムリクバテニスクラブの看板です。

0Q6A0551

明日からは、今回の遠征で参加したもう一つのビッグトーナメント、ドブロクニクDudBowlの素晴らしいホスピタリティーを紹介していきます。

注目記事

テニス留学・質問についてお問い合わせ