ジュニアテニスで、海外のアカデミーへ留学に行く時の、日頃の練習にも当てはまる注意点

海外に行けばテニスは向上するのか?『イエス』とも言えるし『ノー』とも言えます。それは、海外に行く時場合だけでなく、自分よりも強い選手と練習する時にも起こり得ることです。 海外テニスのパワーばかりに目がいく 海外のジュニア…続きを読む

競技テニスで身長が低いことに悩むジュニアへ

ジュニア選手は自分よりも大柄な選手にパワーで押されると、負けた原因を身長差に求め、打開策を失ってしまいがちです。 勝つための要素はパワーだけではない 低年齢ジュニアの頃は、自分を上回るパワーで先に打ち込まれると、それだけ…続きを読む

スペインのテニスアカデミーで試合後にジュニア選手が行う練習

それは 試合で崩れたテニスを調整する練習 です。 崩れる 試合が続くと、基本技術が崩れてきます。試合では、 ・バランスを崩す ・打点を落とす などしてでも相手のコートにボールを入れることを優先するので、理想的ではない技術…続きを読む

ヨーロッパのジュニアがテニスの練習を減らしてでも試合にチャレンジする理由

アウトプットのためのインプット ストロークを安定させたいというのは、誰もが思うことですが、試合に勝つための安定とはどういうことなのか?は、試合に出て負けないことにはわかりません。想像していたよりも ・速いボールを打つ ・…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手がテニスの試合でエースを取るために大切にしている動き

試合中にストローク戦からエースが取れる選手は、パワーがあり、速いボールが打てるだけではありません。それよりも大切な能力があります。それは ボールへ入る動きのなめらかさ です。 エースは決まる前にわかる 選手はボールに良い…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手が優れているテニスで勝つために必要なこと

それは、 コートを支配する能力 です。 速く打つと テニスの試合中、ボールは、速く打つと速く返ってきます。コーナーに打ち込まない限り、相手は打ち返してきますから、自分の準備が整わないほど、速く打ってしまうと自分の首を絞め…続きを読む

スペインのジュニア選手がテニスのラリー練習中にやっていること

それは ラリーが続いた状態で負荷を変えること です。 半面ラリー練習でも ①フォアを使う ②バックを使う ③フォアとバックを交互に使う ①→②→③となるにつれて負荷が上がって行きます。フリーで行うよりも、『バックしか使っ…続きを読む

スペインテニスのラリー練習で、コーチがジュニア選手に意識させていること

それは お互いにペースを合わせること です。 ペース ラリー練習で大切なことは、ラリーが続くことです。そのために意識することは、お互いにとって気持ちがいいペースを保つことです。早すぎればミスが多くなりますし、遅過ぎると負…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手が試合で戦うときに意識している、テニスで勝つために絶対必要なこと

それは 試合全体を通して相手にプレッシャーをかけること です。 ジュニアは一発エース狙いになりやすい 特に試合経験が少ないジュニア選手は、エースを取ることを考えすぎて自滅してしまうパターンが多いです。1ポイントを取るため…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手が、フットワーク練習で目標としていること

それは しっかり打てる範囲を広げること です。 しっかり打つとは? ・正確にボールに入る ・バランスを保ってスイングする など、走りながら打ち返すのではなく、止まって打ち返すイメージです。 ボール出しのペース ボールを出…続きを読む