試合に勝つジュニアが低年齢の頃からコート上でやっている、世界共通の努力。

それは、 できないなりになんとかすること です。 あるショットができるようになってから ・セカンドサーブが入るようになったら ・バックハンドが打てるようになったら ・もう少しミスが減ったら 特定のショットを練習する時に、…続きを読む

ジュニアテニスで、リードするけれど勝ちきれない時に読んでほしいこと

4−1や5−2から勝てない ご自身がテニスをされていたお父さん・お母さんは経験上知っていることですが、4−1や5−2は、意外と逆転されやすいスコアです。特にサーブが1ブレイクでこのスコアだと、リードしているとはいえ、選手…続きを読む

ジュニアテニスで質の高いボールを打ちたい時に注目するポイント。

それは バウンド後のボール です。 伸びに注目 球質によって注目する点は異なります。フラット系のボール、エースを狙っていくボールは、バウンド後の伸びに注目です。ツーバウンド目がどこにあるかを見ると良いと思います。テニスコ…続きを読む

ジュニアテニスで、小学生から勝っている選手が使える簡単そうで難しいショットは?

それは、 『遅いボール』 です。 遅いボールvs遅ボール 遅いという言い方は、ちょっと違うかもしれませんが、ベストのスピードの70%くらいで、打ち合います。コースを変えたり、角度をつけたりしながらチャンスボールを作り出し…続きを読む

返してくるだけの嫌な奴、シコラーからジュニアテニスで強くなるためのエッセンスを学ぼう!!

テニスは決めるだけではない テニスには、相手に失敗させるという選択肢があります。プロの試合終了後に出るスタッツを見ると、ウイナーの数はそれほど多くないことがわかります。テニスコートはそれほど広くないですから、低年齢ジュニ…続きを読む

中学・高校で戦績が伸びるために、ジュニアテニスで小学生から鍛えておきたい能力は?

それは、 試合中に変化をつけられる能力 です。 何が起こっているのか?を考える癖をつける テニスはコート上では一人です。何が起こっているのか、自分で考える習慣をつけることが大切です。 ・相手のバックを狙う作戦はポイントに…続きを読む

ジュニアテニス、お子様が試合に出始める前に知っておくと良いこと。勝ち始めるまでに何年かかる?

練習と試合は別 テニスが上手くなることと、試合で勝つことは、同じことのようでちょっと違います。気持ちよく勢いがあるボールを打っているジュニアが、明らかに遅いボールを打っているジュニアに負けてしまうことは、テニスではよくあ…続きを読む

テニスで低年齢ジュニアにアドバイスする時に、お父さん・お母さんが知っておいた方が良いと思うこと。

それは、低年齢ジュニアは自分のプレイを、 客観視することができない ということです。 難しい客観視 中学生くらいになれば、鏡などを見て、静止状態での自分の打ち方は、少しずつ客観視できるようになります。ですが大人でもかなり…続きを読む

強いジュニアはこれができる!!ジュニアテニスで戦い方に変化をつけるために必要なこと。

それは、 訓練・勇気・経験 です。 訓練 練習中にパターン練習などをして、数種類の戦い方ができるようにしておく必要があります。戦い方に応じて必要なショットが変わってきます。例えば ・相手に打たせてカウンターを狙う という…続きを読む

ジュニアテニスで低年齢ジュニアがラリー練習をするときの注意

身長に対してボールの軌道が高い 小学低学年だと身長が低く、ボールがネットの上を通過する高さやバウンドの高さが身長比で高くなります。メリットとして、 ・高い打点で打てるようになる ということが考えられますが、高い打点から打…続きを読む