ジュニアテニス、テニスを変えたい時に読んでほしいこと

身体の動きを知ること ショットのクオリティを高めるには、身体の連動性を高めたり、それを高められるような身体に鍛えていく必要があります。身体の動きについて勉強し、身体を変え、結果としてフォームを改善していく必要があります。…続きを読む

ジュニアテニス、1年の目標を決める時に一番に考えて欲しいこと

それは コートに立つ時間を増やすこと です。 ボールを打つ数 テニスは上達するのに、ものすごく時間がかかります。ライバルよりも1球でも多くボールを打つ必要があります。調子が良くても悪くても、コートに立ってボールを打ち、身…続きを読む

ジュニアテニス、ヨーロッパのコーチが低年齢選手の練習に取り入れていること

それは テニス以外のスポーツの要素 です。 競技特化 低年齢から一つのスポーツに特化して、練習を行なうことが世界中で当たり前になってきました。様々なスポーツに取り組みたくても、環境的に困難なことが多いです。特にテニスは、…続きを読む

ジュニアテニス、ヨーロッパのコーチがジュニア指導で大切にしていること

それは ・フォーム ・戦い方 ・メンタルを 固めないこと です。 フォーム 身体の発育によって、できる打ち方が変わってきます。無理して大人の打ち方をコピーする必要はないですし、一つの打ち方にまとめる必要はありません。大人…続きを読む

ジュニアテニスでヨーロッパのコーチが強さの差を分ける動きだと言ってること

それは 前後の動き です。 横と縦 テニスコート内の動きは大きく2つに分類されます。横の動きと縦の動きです。横の動きは、とらないとボールに追いつけないですが、縦の動きはなくてもボールを打つことには困りません。(ドロップシ…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが勧める、コート上での動きをよくするための練習

それは、 毎回12球以上ラリーを続けること です。 調整力 竸技テニスに求められる能力で、最も大切だと言ってもいいのが、相手コートにボールを入れること。ネガティブな意味で使われることもありますが、まず入れないことには話に…続きを読む

ジュニアテニスで、低年齢の選手に大人と同じ練習をさせることのメリットデメリット

低年齢から競技テニスに打ち込むジュニアが増えています。指導者の間では、そのメリットとデメリットの話になることが良くあります。 メリット テニスは、ラケットでボールを打つという特殊技能がベースになる競技です。低年齢から球数…続きを読む

ジュニアテニスで大切な試合の1ヶ月前から行っておくといいこと

大きなポイントがかかる大会の前は慎重に準備したい所です。大会が近づくに連れて、良いショットを完成させたいとテンションが上がります。ですが、テニスはトーナメントスポーツで負けたら終わりです。簡単に負けないためにしなければな…続きを読む

ジュニアテニスで、勝負強い選手ができる勝つために必要な行動

それは 相手の調子が良い時の対応 です。 何もさせてもらえない テニスは自分の調子がいくら良くても、相手の出来次第で何もさせてもらえないことがあります。相手が良い時に、どのようなリアクションを取ることができるか?は、試合…続きを読む

ジュニアテニス、ヨーロッパのテニス環境で、一味違う『コントロール』という言葉の使い方

それは コントロールとは制御すること です 違い テニスの練習中によく使われる言葉の一つに、『コントロール』という言葉があります。ヨーロッパの指導シーンを見ていると、日本とは少し違った使い方をしていることに気がつきます。…続きを読む