ヨーロッパのテニスコーチが、ジュニア選手に攻撃に対して指導すること

それは 安全性を高めること です。 リスク 攻めることは少なからずリスクを伴います。ですが、そのリスクを少しでも減らすことが求められます。 合わせて読みたい過去記事 ジュニアテニスで球足の遅いクレーコートで学べる、チャン…続きを読む

ヨーロッパのコーチが指摘する、ジュニア選手に多い負けパターンとは?

それは パワーを使って打たされること です。 選択肢 試合中に困った状況になった時、その原因を探し、解決策を考えることはとても重要です、良くないのは、力一杯打つという選択肢を取らせれる時です。 合わせて読みたい過去記事 …続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが目をつける、成長が早いテニス選手に備わっている能力とは?

それは、 コーディネート能力 です。 パワー 欧米の選手と言えば、パワーがあるという印象が強いです。またパワーだけでなく、持久力もふくめて体力があり、フィジカルを高めることを念頭に置いていると考えてがちです。 合わせて読…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチがラリー中の判断力を高めるために大切にしていること

それは 試合中はシンプルに判断できるように準備しておくこと です。 判断力が必要なところ 例えば、短めのボールが来た時に、 ・1発で決めに行くのか? ・アプローチにしてボレーするのか? とか、相手に大きく振られた時に ・…続きを読む

ヨーロッパのコーチが試合中に不安に負けてしまうジュニア選手にアドバイスすること

それは すぐ次のボールのことだけに集中すること です。 先のことを考えると不安になる うまくいかなくなると、最終的に試合に負けてしまうという先のことばかり考えてしまいます。特にジュニア選手は、試合前の自分への期待が大きい…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのコーチが海外遠征を大切にしている理由

それは、 競い合うことでしか感じられないことがあるから です。頭の中で強い選手だったり、高いレベルの試合を想像するよりも、実際に行動してその環境に触れ、競い合った方がリアルな情報を受け取ることができます。頭の中では大切だ…続きを読む

ヨーロッパのコーチがジュニア選手に競技歴が浅い頃から徹底的に指導すること

それは 勝ち方について指導すること です。どのようにしてテニスという競技の中で相手を上回って行くのか?ショットの上達と同時進行でレベルアップして行く必要があります。打ち方と勝ち方のレベルアップには、相乗効果があります。 …続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのコーチがテニスについて考える時に重要だと思っていること

それは、 考え込むことではなく、整理すること です。 ノリが良い 身長が低いなど、フィジカル的に劣っている選手が勝つ方法として、多彩な配球、多彩な戦術を使ってテニスをすることがあげられます。単調なテニスとは対極的に、見て…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのコーチが技術マスターと同じか、それ以上に大切にしていること

新しい技術をマスターしたり、できなかったことができるようになることは大切なことです。そしてそれに加えて強い選手になるために求められるのは、その技術を表現する、良い姿勢・良い身体の使い方を、 保ち続けること です。 パワー…続きを読む

ジュニアテニスで強くなるための冬の大会への準備の仕方。春に一気に伸びるために。。。

3ヶ月 そろそろ長く、暑過ぎた夏が終わろうとしています。思い通りの成果がでた選手もいれば、悔しい思いをした選手もいるでしょう。それでもみなさん夏休みの残り期間、冬の大きな大会に向けてしっかり練習していると思います。冬の大…続きを読む