ジュニアテニスで、できないショットがある時に読んで欲しいこと

競技テニスを頑張っていると、苦手なことやできないことを改善することばかり考えてしまいます。でも 全部できるようになる必要はありません。 できないことがると不安になる ・フォアは打てるけど、バックは打てない ・ボールに回転…続きを読む

ジュニアテニスで、自分より上手い相手になんとかして勝ちたい時に読んで欲しいこと

それは 勝負のルールを変えること です。 大前提 テニスの勝負の大前提は、テニスの上手さで競い合うことです。 ・ボールコントロールの上手さ ・ボールスピード(ラケットヘッドの加速の上手さ ・ディレクションチェンジの上手さ…続きを読む

ジュニアテニスで、相手のプレイが良い時の対処法

それは 素直に認める です。 どうしようもない テニスは、自分のパフォーマンスが良くても、相手がそれ以上に良ければポイントを取ることができません。相手とのやりとりで成り立つ競技ですが、自分自身のパフォーマンスの出来具合を…続きを読む

ジュニアテニスで、上手い人のフォームを真似る効果を、最大化するには

テニスは速い テニスは、とにかく時間がありません。自分が打ってから、次のボールを打つまで、数秒です。そのわずか数秒の間に、やるべきことはたくさんあります。打ち方を真似る時には、この時間のなさをイメージする必要があります。…続きを読む

ジュニアテニスで勝つために大切にしてほしいフットワークの話

大切にしてほしいのは、足の動かし方だけでなく、 足を動かし続けること です。 フットワーク テニスの指導者やレッスン情報には、様々な足の動かし方が書いてあります。細かく動かす。大股で動く。シャッフルさせるように動かすなど…続きを読む

ジュニアテニスで使用頻度が最も高い、フォアハンドストロークを有効に使うために。

使い方 効果的にフォアハンドを使う方法は、 A.エースを取りにいく(足を止めて打てる) B.散らす(ほぼ足を止めて打てる) C.走りながら散らす(足を止める余裕がない) の3つです。ただ返すだけという選択肢もありますが、…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのテニスコーチが文武両道を勧める理由

それは、ジュニアの間、最後まで テニスを続けるため です。 不安 高校生くらいになると、低年齢から競技テニスを始め、テニスオンリーの毎日に不安を抱くジュニアが増えています。テニスしか知らない、テニス以外のことも知っておき…続きを読む

ジュニアテニスで勝つための練習をしたい時に、心に留めておいて欲しいこと

それは トーナメントスポーツであるということ です。 何がなんでも勝つ テニスの大会はトーナメント形式で行われます。負けたら終わりです。目標としている強い選手のところまで勝ち上がるためには、自分と同じレベルの選手や下のレ…続きを読む

ジュニアテニスで、エースを狙う攻撃的なプレイをしたい時に気をつけること

それは 鍵になるのはエースを取る一つ前のショットである ということです。 展開 攻撃の際に鍵となるのは、チャンスボールを作り出すショットです。具体的には、コートの少し中に入って(片足だけでも)、コースを変えて展開していく…続きを読む

ジュニアテニスで、強くなるためのチャレンジに必要なこと

それは 自分自身で『壁』を作らないこと です。 きちんとできないといけない 新しいことをうまくできるかどうかは、トライできるかどうかによるところが大きいです。上手くできないといけないという意識が強く働くとチャレンジできな…続きを読む