ジュニアテニス、フットワークがいい選手の真似しやいところ、学びやすいところ

フットワークが良い選手は、大きく分けると2タイプに分かれます。 ・運動量が多く見える選手 ・運動量が多く見えない選手 運動量が多く見えるタイプ 基本通り打ったら戻る動きを、サイドステップやクロスステップを使いながら行い、…続きを読む

スペインのコーチがジュニアテニス選手の打ち方や戦い方を指導する時に大切にしていること

それは ゴールのイメージ です。 打ち方 今の打ち方から、どの部分を変更して、どういう打ち方に変えたいのか?変更後のスイングのイメージは大切です。そこに持ってくために、 ・身体機能を向上させる ・打ち方をダイレクトに変更…続きを読む

シコラーから学べる、テニスが強くなるために必要なこと

それは 『間』の作り方のうまさ です。 決められない間 速いボールを打ってこないので、ラリーに絶妙な『間』が生まれます。こちらが速く攻撃しても、相手の立て直しが早いので、ウイナーが取れません。攻め急ぐとミスさせられる間を…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手が試合で使う、勝つために重要な役割をするボール

それは わかっていても打ちにくいボール です。 エネルギーがいる ・高い打点で打たされるボール ・追い出されるボール などは、そこに来るとわかっていても打ち返しにくいです。打ち返すのにエネルギーも使います。 合わせて読み…続きを読む

競技ジュニアテニス新年度スタート!年間スケジュールを作る上で大切にして欲しいこと

それは あえてマイナス面をスケジューリングすること です。 捨て試合 練習マッチや、獲得ポイントが低い大会など、自分がトライしているテニスを結果にこだわらずに表現できる場を作りましょう。ポイント獲得にシリアスになり過ぎ、…続きを読む

競技テニスで、ポイントの取り方が上手いジュニア選手に共通すること

それは 自分の戦い方を言葉にできること です。 ジュニア ジュニア選手は、ショット単体には強い興味を示し、向上に努めます。ですが、戦い方となると、興味が薄れてしまい、感覚だけでプレイしがちです。 合わせて読みたい過去記事…続きを読む

ジュニアテニスで、格下との練習から学べる上達に必要なエッセンス

それは、 テニスは早くするだけでなく、遅くすることも重要な技術であること です。 自分の練習 強い選手ほど、誰と練習しても自分の練習にしてしまいます。そこにはテニス上達のヒントが隠されています。テニスのラケットワークやフ…続きを読む

ジュニアテニスで思わぬ苦戦をしたときこそ、成長のきっかけだと思って頑張る必要がある理由

それは、 練習してきたかっこいいテニスから、勝てるテニスに調整されるから です。 噛み合わない それぞれのテニスには個性があり、噛み合わない相手、苦手なタイプが存在します。また、練習してきたテニススタイルと、相手のテニス…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが、ベストパフォーマンスを出せない練習は、ジュニアにさせない理由

それは 悪い癖がつくから です。 疲れ 身体が疲れてしまい、思ったような出力が出せないことで、無駄な力みが強くなります。ボールは余計に飛ばなくなり、さらに力むことになるという負の連鎖が始まります。 合わせて読みたい過去記…続きを読む

ジュニアテニスで、対戦相手の余裕を崩すために必要なこと

それは、 あともう一本返す意識 です。 もう一本 ミスしているボールは、相手もリスクを背負って打ってきているボールです。自分が感じているよりも、相手には余裕はないものです。ミスせずにもう1本相手コースに返すことで、相手に…続きを読む