ディフェンスが上手いヨーロッパジュニアに学ぶ、相手に攻めにくいと感じさせるコツ

ディフェンスが上手い選手は、ペース配分が得意です。速いボールが打てるのに、少しスピードを落として打ちます。そうすることで、 あえて時間を作り出すこと ができます。 時間を作ることができると、 ・予測がしやすい ・反応しや…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手が、慌てずにプレイするために心懸けていること

それは 相手のいるところに打ってプレッシャーをかけること です。 重さ テニスのラリーのほとんどは、相手のいる所に打ちます。 ・メインとなるクロスラリー ・コースを変えるストレート など、相手が体勢を崩さずに打ち返す場所…続きを読む

スペインドリルの球出し練習は、ジュニアテニス選手になぜ好影響を与えるのか?

スペインでは、シンプルなパターンの反復練習があり、スペインドリルと呼ばれています。そのドリル中、コーチからのボール出しは勢いがないボールが送られます。飛んでくる勢いがないことから、指導者の間では『死んだボール』と呼んだり…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手のハイレベルな展開力。参考にしたい3つのエッセンス

それは、 左右×高さ×時間 です。言い換えると、 コース×バウンド後の変化×タイミング です。 コース シンプルに左右の打ち分けです。相手を走らせることで、オープンコートを作ります。 バウンド後の変化 ボールの軌道をコン…続きを読む

ジュニアテニスで参考にしたいヨーロッパ選手が得意なショット

それは 高い打点のショット です。 肩以上 ヨーロッパの選手は、高い打点のショットをあまり苦にしません。肩の高さやそれより上になっても、あたりが薄くなることはありません。 ・クレーコートが多く、高い打点で打つことが多い …続きを読む

ヨーロッパのジュニアがテニスで攻撃する時に気をつけていること

それは ラリーの主導権を握ってから攻撃すること です。 ニュートラル まずはニュートラルなラリーができるように練習し、そのボールの質を高めていくことが大切です。自分よりも強い選手に勝ちたければ、最低でも、ニュートラルなラ…続きを読む

ジュニアテニスでレシーブが苦手な選手へ スペインでのアドバイスを深掘り。

レシーブが苦手な選手にとって、安定したリターンは身につけたいショットだと思います。スペインのアンヘルコーチは、 レシーブは腕だけでする というようにアドバイスします。言葉足らずだし、その方法が日本人に合うかどうかはわかり…続きを読む

ジュニアテニスで停滞期にやっておくといいと思うこと

誰にでも訪れる停滞期。練習すればするほど成果に結びつく時期もあれば、いくら練習しても伸び悩む時期があります。気持ちも乗らなくなるし、辛い時期です。そんな時期には、 ・リフレッシュを学ぶ ・ストレッチなど怪我予防を学ぶ ・…続きを読む

ヨーロッパジュニアが低年齢から磨いている、派手なウイニングショットよりも必要な能力

それは、 それは回転を使うこと です。 バウンド後 ボールに回転をかけることは、安定感をもたらすだけでなく、 ・追い出す ・下げる ・つまらせる など、バウンド後のボールに変化を与えて、相手にプレッシャーをかけます。 合…続きを読む