低年齢で試合に出始めた時から、気をつけておいた方がいいと思うこと。

それは、 戦い方が偏らないようにすること です。 守るなら守る・攻めるなら攻める 一般的に、試合中に守り出すと返すだけになり、攻めようとすると攻めばかりの真っ向勝負という偏った戦い方になりやすいです。 偏った戦い方ではな…続きを読む

ヨーロッパの環境でテニスを見ればすぐにわかる、日本と違うところ。

それは、 勝つためのルール です。 テニスはゲーム、ゲームにはルールがある。 この場合のルールとは、試合の進め方ではなく、日本とアメリカの野球が違うように、スペインとイングランドのサッカーが違うように、勝つための戦い方み…続きを読む

ヨーロッパに学ぶ、伸びしろの大きいジュニア選手の育て方。

それは 試合中の遊び心を大切にすること です。 いらんこと 本番の試合で、そこからドロップショットは難しいと思えるシチュエーションでドロップしてみたり、わざと相手に攻めさせてカウンターを狙って失敗したりと、こちらの選手は…続きを読む

『打ち方が綺麗』の落とし穴。攻撃力が欲しい時に気をつけること。

攻撃的なテニスに必要なこと。それは、 下がらない、落とさない ことです。 ・ポジションを後ろに下げて打ってしまう ・打点を落として打ってしまう と、相手から時間を奪えなくなるため、攻撃力は落ちてしまいます。週に4日以上テ…続きを読む

いつも同じ負けパターンのジュニアの戦う能力の成長に必要なこと

それは、 試合の中でうまくなっていくこと です。 テニスは本番の試合中に上手くなる うまくなるのは練習中だけではありません。試合の緊張の中で、勝つためにベストを尽くすことで、勝つための戦い方を学び、身につけることができま…続きを読む

低年齢キッズの将来のためにやっておいてあげたいこと

それは、 子供達が本気で頑張りたいと思った時に、将来役に立つ、伸びる選手になるための能力が、すでに自然に身についている状態にしておいてあげること です。 具体的には、 身体の使い方とアイディアを生み出す頭の使い方 です。…続きを読む

身体的に劣る日本人が海外で勝つために必要な、低年齢から身につけておきたい感覚!!

それは、 崩すという感覚 です。 パワーもスピードも不要 ラリーのやりとりの中で相手を崩す。 ・リズム ・ペース ・タイミング など、テニスには崩すことができる要素がたくさんあります。 具体的には? とにかく、相手に気持…続きを読む

全仏オープンのテレビ中継からは伝わってこない、テニススタイルの構築に大切なこと

それは、 ボールの重さ です。 遅い 本場のヨーロッパのクレーコートは、日本のクレーコートよりもさらに遅いサーフェイスです。バウンド後のボールの勢いは、スピードよりも重さとなって反映されます。テレビで見ていると、選手は軽…続きを読む

かっこよくエースを取らせたい時に読んでほしいこと。

スピードが全てではない 子供達はスピードボールを打つことが大好きです。それは良いことなのですが、スピードボールが打てるからといってエースが取れるとは限りません。自分が速く打ったボールに対して、相手の返球も速くなり、そのボ…続きを読む

ヨーロッパのジュニア大会を見て、その戦い方の完成度にビビる。。。

ヨーロッパのジュニアは戦い方の完成度が高い! ヨーロッパのジュニア達を見ていて感じることは、10歳の時点でもすでに戦い方が出来上がっていることです。 男子・・・多様性があり変化に富み、攻守の入れ替わりが激しく、回転・スピ…続きを読む