スペインのテニスアカデミーで、ジュニア選手を指導するときに大切にしていること

それは、 多様なスタイルを認めること です。 同じ指導をするが結果は多様性を認める 基本的な指導は、全ての選手に一貫して同じ内容の指導をします。ですが、その結果、全員が似ているスタイルになるわけではなく、どんなプレイをす…続きを読む

スペインのコーチがジュニアテニス選手のスイングをチェックする時に大切にしている視点

身体を 開くことと回すことは違う という点です。 身体が開いてしまうと加速が効かない 開きが早くなると、ラケットスイングの加速が効かなくなります。テニスでも野球でも道具を振り回す競技では共通して言われることです。 合わせ…続きを読む

スペインの練習から学べるジュニアテニスで勝つために必要なフットワーク

それは 縦の動き です。大きく分けると ・後ろへの動き ・前への動き の2つに分けることができます。 後ろへの動き 下がる距離の大小でさらに2つに分けることができます。 ①相手の弾むボールに対して後ろに大きくポジションを…続きを読む

ジュニア競技テニスでは、クレーコート・ハードコートが必要と言われるのはなぜ?オムニコートはダメなサーフェイス?

オムニで勝つことは悪いことではない オムニコートで勝つことは悪いことではありません。どのサーフェイスでもテニスはテニス。勝負に勝つために必要な要素は同じです。グランドスラムで活躍している選手も、ジュニア時代は日本のオムニ…続きを読む

競技ジュニアテニスで、ダブルフォルトさえなかったら。と感じる時に読んでほしいこと

原因は本当にサーブの技術力なのか? サーブは、試合中のプレッシャーが集約されるショットです。 ・流れの悪さ ・相手の強さ ・試合展開のプレッシャー これら全てが緊張としてのしかかってくるのがサーブであり、特にセカンドサー…続きを読む

競技ジュニアテニスを頑張るお子様に、高いモチベーションでコートに立ち続けて欲しいと思った時に読んで欲しいこと

ジュニアが自分自身で考え、日々、モチベーション高くコートに立てたら理想的ですが、最初からそのようにできるジュニアは少数です。サポートする人達による、何らからの動機づけが必要になります。ヨーロッパのテニス環境で参考になるの…続きを読む

競技ジュニアテニスで、デュースまでは行くけれど、なかなかゲームが取れない時に読んでほしいこと。

お子様の試合を見ていると、強い相手に対してデュースまでは行くのに、なかなかゲームが取れないという試合があると思います。多いときは1セットに4〜5回デュースがあって全部落としてしまうということもあるのではないでしょうか?そ…続きを読む

できるジュニアにはこの能力がある。競技テニスの能力を高めるのに役立つ能力とは。

それは、 観察力 です。 興味があるのでよく見る テニスに興味があるので、テレビでよくテニスを見ます。また、プロの試合や全日本ジュニアなども見に行きます。興味があるので、選手の特徴なども明確に覚えています。どの選手がどう…続きを読む

競技ジュニアテニスで強くなるにはこの能力が必要。強いジュニアが持つテニス以外の能力は?

それは、 まわりを味方につける能力 です。 助けたくなる存在 ジュニア達は、テニスを通じてたくさんの人と出会います。日頃通うテニスクラブのコーチだけでなく、大会の運営スタッフや、遠征などでお世話になる指導者、誰でも味方に…続きを読む

とにかく試合に出よう!競技ジュニアテニスのサポートで次の大会どうしようかまよった時に読んで欲しいこと。

お子様が出場できる試合があるけれど、技術的に向上しているように見えないし、出ても仕方ないかなと思って躊躇することもあると思います。ですが、試合にはできるだけ出た方がいいと思います。 試合出場にちょっと疲れた時に読んで欲し…続きを読む