自分のテニススタイルを確立している強いジュニアが持つ、勝つために必要なもう一つの能力とは?

そのもう一つの能力とは? 自分のスタイルを必要に応じて捨てられること です。 テニスはトーナメントスポーツ テニスは1回負けると終わりです。次のステージには進むことはできません。強い選手ほど、時には自分のスタイルを捨てて…続きを読む

環境面で差がつきにくい今のジュニアにありがちな格差とは?

インターネットによって指導者の情報格差がなくなり、またスポーツトレーナーも増え、ジュニア選手コースがあるテニススクールも増えてきました。20年・30年前と比べて環境面での差がなくなってきた今のジュニアにとって差がつくのは…続きを読む

競技テニスにどっぷりはまって、勝ったり負けたりしていると、何気ないことに気づけなくなってませんか?

競技テニスにどっぷりはまって、勝ったり負けたりしていると、何気ないことに気づけなくなってませんか? 県から地域など少しずつ結果が上がる テニスを始めた時は1回戦負けが続きます。そこから少しずつ勝てるようになってきて、気が…続きを読む

プレッシャーがかかりすぎてテニスを続けることが困難になるジュニアに共通すること

戦績が出ていて強いジュニア選手でも、ある日突然、『テニスを辞めたい』『試合に出たくない』など、周りの気づかないうちにプレッシャーがかかりすぎて、テニスから離れたくなる時があります。周りは驚きますが、実は少しずつプレッシャ…続きを読む

錦織選手はどうやって駆け上がったのか?伸びる時期はいつ来るのか不安になる時に読んでほしいこと。

努力しても報われない日々は辛い 学校が終わったらテニスコートへ直行。帰宅してご飯を食べて眠い目をこすりながら宿題。週末は朝から試合。そんなテニスに対して献身的な日々を送っても、そう簡単には結果には繋がらないもの。一気に勝…続きを読む

低年齢トップジュニアになるための条件と逆転へのヒント!

トップジュニアの要素 ・スタートが早い ・すでに競技歴が長い ・スクール以外で個別の練習環境がある ・早生まれ スタートが早い 早ければ3歳、4歳くらいからテニスを始めています。親がテニスをやるので遊びに行って始めたとい…続きを読む

ダブルフォルトが減らない時に読んでほしいこと。

ダブルフォルトさえなければなぁ。。。試合を見た後にそう思うことがあると思います。試合を見いてものすごく勿体無い気持ちなるのがダブルフォルト。どのように練習すればいいのでしょうか?まだセカンドサーブが安定していない時がチャ…続きを読む

競技歴が浅いジュニアの緊張に対するアドバイスに参考になる、ヨーロッパのクレーコーターの『戦いきる能力』

競技歴が浅いと完璧な日があると勘違いしている 各地で全日本ジュニアに向けた県予選がスタートしています。試合が近づくにつれてお子様の緊張をひしひしと感じている保護者のみなさまも多いと思います。テニスの調子は良い日もあれば悪…続きを読む

スペイン人コーチがジュニアに語ってくれた強い選手に立ち向かう時の心構え!!自分よりも強い選手に勝つために必要なこととは?

一昨日まで、スペインからエスパルシアコーチを招いて5泊6日のテニスキャンプを開催していました。世界トップ選手のツアーコーチをしナダルに勝った経験。中国のナショナルチームジュニアを始め、数々のジュニア選手を指導した経験。ま…続きを読む

試合前に作戦を立てる時に考えると良いこと。エスパルシアコーチがナダル戦に勝った時の思考法。

エスパルシアコーチが語ったナダル選手の勝ち方 先週の箱根キャンプ、2日目の夕食の後、エスパルシアコーチはジュニア選手を集めて質問コーナーの時間を作ってくれました。このブログでエスパルシアコーチの紹介をする時に、『コーチと…続きを読む