ジュニアテニスで強い選手が共通して持っているタフな能力

それは ダメな日でもなんとかして勝つ力 です。 負けたら終わり テニスはトーナメントスポーツで、負けたら終わりです。レベルが上がれば上がるほど、相手が強くなりますから、少しでも調子が悪いと相手はそこを突いてきます。ダメな…続きを読む

ジュニアテニスで、相手を翻弄する多彩なスライスを身につけるために必要なこと

試合に強いジュニアほど、スライスをただピンチをしのぐだけでなく、相手を崩すために使うことができます。 厚い薄い ・厚いあたりでバウンド後に伸びるスライス ・薄いあたりでバウンド後に止まるスライス の使い分けをイメージしま…続きを読む

ヨーロッパのコーチに学ぶ、ジュニア選手育成に大切なこと

それは、 選手の『なぜ?』に対して説明できること です。 大人と子供 テニススクールでは、大人は理屈で学び、子供は身体で学ぶという風に言われることがあります。あくまで大人の方には、丁寧に説明をしましょうという注意喚起の意…続きを読む

変化が多い選手と変化が少ない選手を観察してジュニアテニス に活かそう!全仏オープンの楽しみ方Part3!

全仏オープンは球足が遅いので、対照的な選手同士の対戦が面白いです。それは、 変化をつける選手 vs 変化が少なくシンプルに戦う選手 です。 変化をつける選手 ・幼少の頃からクレーコートで育ってきているクレーコーター ・フ…続きを読む

ジュニアテニス、上達に活かせる全仏オープンの楽しみ方 Part2

ラリーから入る 昨日の記事で書いたように、全仏オープンで使用するクレーコートは、他のサーフェイスと比べて球足が遅くなるため、エースが決まりにくいです。そのため、相手をしっかりと崩すことが大切になり、選手達はサーブ・レシー…続きを読む

ジュニアテニス、上達に活かせる全仏オープンの楽しみ方

クレーコート 全仏オープンテニスの最大の特徴は、コートサーフェイスです。クレーコートは、ヨーロッパではスタンダードなサーフェイスですが、日本では珍しいコートですよね。特徴としては、 ・バウンド後の球足が遅くなる ・バウン…続きを読む

ジュニアテニス、ヨーロッパのコーチ達のプレイ+ステイ活用法

新しいツール レッドボール、オレンジボール、グリーンボールという新しいツールには、ヨーロッパのコーチも柔軟に対応し練習に取り入れています。低年齢でも身体に負担なく打てたり、身体に合う小さいサイズで試合ができるので重宝して…続きを読む

ジュニアテニスでショットの能力以外の部分で勝負するという発想の重要性

ショットの能力を高めるには時間がかかる テニスの各ショットのクオリティを高めるには、時間がかかります。身体機能を高める必要がありますし、ボールの数もかなりの量をこなす必要があります。 合わせて読みたい過去記事 スペインド…続きを読む

ジュニアテニスで、テニスの違いを作る重要な要素

それは リズムの取り方 です。 コート上でのリズム テニスのプレイ中、選手はリズムを刻んでいます。 ・細かく早いリズム ・ゆったりとしたリズム ・独特のリズム(間) など様々です。 合わせて読みたい過去記事 ヨーロッパジ…続きを読む

ジュニアテニスで強い選手との対戦を生かしたい時に読んで欲しいこと

それは 『真似る』か『対応する』か です。 真似る 強い選手のプレイは、とても良いお手本になります。イメージが残っている間に、どんどん真似ましょう。打ち方だけでなく、ボールの ・スピード ・回転量 ・軌道 などを参考にし…続きを読む