本番の試合に強い選手になるために、負けたお子様に対する声のかけ方。簡単そうで一番難しいことを褒めてあげよう!!

ヨーロッパ選手は練習マッチよりも本番がさらに強い! 試合には練習マッチと本番の試合があります。同じようでプレッシャーのかかり具合や、環境が変化するなどの違いがあります。スペイン留学時代に驚いたのは、ヨーロッパの選手は、練…続きを読む

テニス選手の誕生月検証まとめ。何月生まれかでどこまで差が出るのか?1月・2月・3月生まれはどこまで有利なのか?

2017年6月18日から2週間のクロアチア遠征U11の募集が開始になりました!!下記リンクより詳細をご覧ください!!レベルの高いキャンプ&大会を満喫する2週間です!! 2017年 6月クロアチア遠征・U11 過…続きを読む

その場で解決策を考えられる選手になるために。。。

日本人は自分を極めていくことが得意。型にはめ、型を学ぶことが好き これまでたくさんの日本人テニス選手を指導し、また自分でもテニスを頑張ってきましたが、日本人の特徴は、自分の中に入って、自分のスタイルや型を突き詰めていくこ…続きを読む

ジュニアテニスで早生まれはどれくらい有利なのか?Part2!トップ選手の割合に注目して検証してみた。

本当に早生まれは得なのか?そして強いのか? 昨日の早生まれのデータで気になったことがあったので少し掘り下げてみようと思います。 ジュニアテニスで早生まれはどれくらい有利なのか?ジュニア世界ランキングで検証してみた!! 発…続きを読む

ジュニアテニスで早生まれはどれくらい有利なのか?ジュニア世界ランキングで検証してみた!!

テニス選手の戦績は誕生月にどれくらい左右されるのでしょうか? 日本でいう早生まれの方が、発育が早く、結果を出すことに有利なのであれば、ITFジュニアのトップジュニアにはやはり早生まれが多いのでしょうか? データを出す前の…続きを読む

強くなる選手の試合の選び方!!オーストラリアンオープンジュニア女子優勝選手のスケジュールを分析!!

強くなる選手は、常にカテゴリーを上げて、高いレベルを求めて戦っている事実 上の写真は、先のオーストラリアンオープンジュニア女子チャンピオンのコステュック(Kostyuk)選手。2002年6月生まれの今年は15歳になる年。…続きを読む

オーストラリアンオープン(全豪)ジュニアテニスの年齢分布から考える男女の育成プランの違い。

全豪オープンジュニア男女決勝でした。男女共に手に汗握るナイスゲームでした。男子は、2013年にスペインのヨーロッパジュニアツアーを視察に行った時のU14の第1シードでこのブログ・Facebook・インスタでも何度か紹介し…続きを読む

先に打たれないために。。。

時間があれば全豪ジュニアを観戦しています。本当は現地で見ないといけないんだけど、ライブストリーミングでもかなり良い情報収集になります。日本で生で見たことがあるトップジュニア達の世界の舞台での戦いは、とても参考になりますし…続きを読む