ヨーロッパのジュニアを超えたい、テニスで良いストロークを打つために求められること

それは、 あたりが厚いこと です。 厚い薄い ボールをラケットに打つ時のあたりが、『厚い』や『薄い』という言葉表現されると、イメージが湧きにくいですよね。現在では、 ・運動力学的 ・感覚的 ・バイメカ的 など様々な角度か…続きを読む

ヨーロッパのコーチに聞いた、伸びるジュニアテニス選手はどんな選手?

それは 自分の頭で考えられる選手 です。 基本 テニスの打ち方・戦術には、基本がありコーチは基本を徹底して指導します。情報量は多くなり、全てをマスターすることは簡単ではありません。 合わせて読みたい過去記事 世界中、強く…続きを読む

ヨーロッパで、強い低年齢ジュニアのテニスに共通していること。

それは 同じボールを続けて打たないこと です。 ノーリピート ・スピード ・コース ・タイミング ・高さ ・回転 など、ボールには様々な要素があります。ヨーロッパのU12・U14の選手で変化をつけることが得意な選手(特に…続きを読む

ジュニアテニスで良い試合とはどういう試合?

それは 何がしたいのかがわかる試合 です。 メッセージ性 プレイヤー自身に戦略があり、各ショットに意図があることで、『何がしたいのか』が伝わります。 ・守りたいので『間』を作りたい ・プレッシャーをかけたいのでネットに出…続きを読む

スペインのテニスコーチ達との立ち話から学ぶ、ジュニア選手への伝え方の大切さ。

『俺たちがジュニアだった頃は。。。』 ジュニアテニスを経て、コーチになって選手育成に携わると、ほぼ全員が頭によぎる言葉です。     頭によぎるものの、現在のジュニアにも教えたいことの本意が伝わるよう…続きを読む

ヨーロッパの優秀なコーチ達が良いジュニアを見抜く時にチェックしているポイント

それは consistency(一貫性) です。 反復練習 テニスの練習は、単純な反復練習がほとんどです。反復練習中に、 ・集中力に波がある ・動きに波がある 選手は、このconsistency(一貫性)がないと評価され…続きを読む

ヨーロッパのコーチが日々チェックする、ジュニア選手に徹底させたいこと

それは 軸足を決める位置・タイミング です。 後ろ足 軸足とは、右利きの選手の場合、フォアハンドは右足、バックハンドは左足になります。スクエアスタンスの時の後ろ足になる足です。ボールに体重を乗せる時、その力を生み出すのは…続きを読む

スペインの優秀なテニスコーチがジュニア指導で意識していること

それは できることを少しずつ難しくしていくこと です ほんの少し負荷を上げる 全くできない難しいことばかりを練習すると、選手もコーチもストレスが溜まってきます。今できることの負荷をほんの少しあげて、難易度を高めることで、…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチに学ぶ、ジュニア選手の考える力を養う指導法

それは、 楽しく挑戦させること です。 アドバイス 選手に対してコーチングする時に、『なぜそうしたのか?』という質問を必ずします。そして、そこに選手の意図があれば、その意図に関しては尊重します。長年テニスに携わっている人…続きを読む

ジュニアテニスで、良いテニスを自信を持ってやり続けることの大切さ。動画付き

かっこいいテニス テニスを始めた頃は、テレビで見る選手のようなかっこいいテニスを目指して頑張ります。できなくても、かっこいいプレイをどんどん真似して吸収して行きます。 合わせて読みたい過去記事 10歳で守り重視か攻め重視…続きを読む