スペインのテニスアカデミーがジュニア選手に基本を徹底的にやらせる理由。

それは 持って生まれた能力を開花させるため です。 テニススタイルは多種多様 テニスのプレイスタイルは、持って生まれた能力によって千差万別です。 ・早いテンポで攻撃する ・粘ってカウンター ・多様な変化で翻弄 ・とにかく…続きを読む

スペインのテニスアカデミーの練習で大切にしている『遊び』の要素

スペインの練習では、ミニコートでのゲームや、前衛2人対後衛2人でのダブルスゲームなど、『遊び』の要素を取り入れた練習を必ず行います。低年齢のジュニアだけでなく、世界ランカーの練習でもです。そこで感じるのは、その『遊び』練…続きを読む

まだ武器がないヨーロッパの低年齢ジュニアから学ぶ、試合で勝つためのコツ

それは 試合全体でプレッシャーをかけること です。 日本人ジュニアと比べると、小学生の頃から身長は高いヨーロッパジュニアですが、1発で決められる強烈な武器はまだ持っていないジュニアがほとんどです。そのため、強いジュニアは…続きを読む

ヨーロッパジュニアテニス選手のボールコントロールを見ていて感じること

それは 高さを使うのがうまいこと です。 高さを使うことで減らせるリスク ネットミスが減ります。また高さを出すことで、下から上に振り上げて回転をかけるため、アウトミスも減ります。高さを使うことで、ネットもアウトも減らせる…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパの指導者から学ぶ個性の見抜き方

日本人の感性では、 ・サボる ・手を抜く ということは否定的に見られることはあっても、肯定的に見られることはありません。私もその一人ですが、短絡的に否定することも良くないのかもしれません。 細かいフットワークを使わない選…続きを読む

強いヨーロッパジュニアテニス選手が打つ、厚いあたりのストロークから学べること

それは 速いスイングが良いスイングとは限らないこと です。ジュニア選手でも強い選手が打つストロークのあたりの厚さは目を見張るものがあり、憧れます。迫力はありますが、スイングスピードがものすごく速いかというと、速さだけでな…続きを読む

ジュニアテニスで球足の遅いクレーコートで学べる、チャンスボールをポイントにつなげるために大切なこと

それは、 打てるボールが来てから2、3球で決めること です 焦る お互いに譲らないニュートラルな状況でのラリーが続いた後、ようやくしっかりと打てるチャンスボール気味の緩い球が来ると、ついつい焦って強打してしまいます。余程…続きを読む

クレーコート育ちのヨーロッパのジュニアの試合を見ていて感じること

それは ディフェンスの意識が高いこと です。 返すだけ 守るとかシコると聞くと、 ・ゆっくりと返すだけ ・遠くのボールでも追いかけて返球する ようなシーンを思い浮かべますが、ヨーロッパ選手のディフェンスはそうではありませ…続きを読む

ヨーロッパのジュニアがファーストサーブを打つ時に大切にしていること

それは、スピードに頼らず ゲームを優位に運ぶことを第一に考えること です。 ラリーの主導権を握ること 相手の打ちにくいコースに打つことで、ラリーの主導権を奪うことができます。サーブ1本でポイントを取るというよりも、サーブ…続きを読む

日本人ジュニアがヨーロッパジュニアとテニスで対戦した時、真っ先に感じること

それは、 ボールが重いこと です。 実際にボールの質量が重いはずもなく、打ち返す時に手の平に、『重い感触』が残ります。重く感じるの原因としては、 ・バウンド後の伸びで差し込まれる ・バウンド後の回転量で感じる ・力が入り…続きを読む