ジュニアテニスの練習は世界中ほぼ同じ、では差を生み出しているのは?

それは、 それを扱うコーチ です。 文章や動画で紹介できる練習メニューに違いはない ネットのおかげで、世界中の練習が日々、動画で配信されています。ですが、見た目の練習方法には大きな違いはありません。 それを扱うコーチによ…続きを読む

海外、特にヨーロッパのクレーコートで学べることを一言で言うと。

それは、 素直なだけではダメ ということです。 素直さ サーフェイスが遅く、ラリーが長く続くという特徴があることから、素直な攻撃だけでは通用しません。 ・ドロップショット ・スニークイン に代表されるようなアイディアが必…続きを読む

小学生でヨーロッパに行くなら、勝負で負けてもテニスの内容で勝ちたい!!

異文化テニスに触れる事 ヨーロッパのテニスコートで経験できるのは、日本では経験できない、 ・ボールの重さ ・長く続くラリー ・多彩な戦術 ・クリエイティブな発想 などです。 ・クレーコートが生み出すものなのか? ・肉体の…続きを読む

見た目ボレーは苦手なヨーロッパのジュニアが実はとても上手いこと

それは、 ボールをさばく(色んな方向に散らす)こと です。 フォーム ボレーのボール出し練習において、低年齢のうちから、綺麗なフォームで打てるのは、ヨーロッパの選手よりも日本人の方が多いと感じます。 ボール遊び ネットを…続きを読む

テニスのストローク力が群を抜いているスペインで意外と時間を割いて練習していること

それは ネットプレイ です。 ドリル 球出し練習には、3分の1以上ネットプレイが入ります。クレーコートというサーフェイスは、球足が遅いので、ストロークばかり練習している印象がありますが、遅いからこそ決めるにはネットプレイ…続きを読む

練習でできるショットを試合でトライできないのはなぜ?

それは、日本人にとって 『できる』のハードルが高い からです。 ・ドロップショット ・ネットプレイ ・緩急 ・スニークイン 練習ではできるのに、試合になるとなかなか実行に移せないというケースは多いと思います。 日本人ので…続きを読む

ヨーロッパジュニアに学ぶ、戦う能力を身につけるために必要な行動。

それは、 下手なうちから試合に出ること です。 ほぼ初心者 ・サーブは当てて入れるだけ ・ストロークも振り切れない ・バックハンドは打てない クロアチアやスペインでは、これくらいのジュニアでもどんどん試合に出ます。スペイ…続きを読む

強いジュニアができる、簡単そうで難しいこと

それは 試合中に戦い方を変えること です。 先週土曜日まで、クロアチアにジュニア3人を引率して遠征してきました。現地ではテニスキャンプと2大会に参加してきました。そこで印象に残ったのは、本番の試合で強さを発揮するヨーロッ…続きを読む

低年齢のうちに身につけておきたいテニスの心技体。

クロアチア遠征中に、11歳以下の大会に出場しました。そこで、低年齢のうちに身につけておきたい技術・戦術・メンタルのお手本のような選手達を見ました。それは、 ブルガリアチームのテニス です。とにかく全てにおいてクオリティが…続きを読む

高いレベルを目指してチャレンジしているジュニアに共通していること

それは、 みんな走りながら(行動を起こしながら)考えている ということ 準備よりも行動 ・オーソドックスなスタイルで気合いで勝つジュニア ・拾って拾って足でかき回すジュニア ・元プロ選手のコーチを専属でつけて英才教育して…続きを読む