ヨーロッパのジュニアテニス選手が持つ、試合を捨てない強いメンタルを保つために必要なこと

それは 自分だけの勝利へのロジック です 諦めない 勝つために大切なことは、当たり前ですが諦めないことです。言い方を変えると、諦めが悪いという表現がぴったりかもしれません。勝負を捨てないことはとても大切なことです。 合わ…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパの指導者のアドバイスに共通すること

それは 答えは言ってくれないこと です 細かさ 日本の指導は、大変細かくて丁寧です。日本人の感性はとても細やかで、痒いところに手が届きます。ですが、海外の指導者もそうであるかというと、必ずしもそうではありません。細かさや…続きを読む

ジュニアテニスで、スペインのコーチが、スペイン選手が世界で1番だと思っている能力

それは バリエーションをつける能力 です。 スピン・運動量 スペインテニスの代名詞は、ナダル選手に代表される ・ボールの回転量 ・無尽蔵の運動量 だと思います。ですが、スペイン人自身はその部分を一番だと思っていませんでし…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのテニスコーチが練習環境を作る上で大切だと考えていること

それは 時にはいつもと違う環境でプレイすること です。 行動 強くなるジュニア選手のお父さん・お母さんに共通するのは、行動力です。拠点となる環境は、もちろん必要ですが、選手の成長には、日常と異なる刺激も必要になります。 …続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチがテニスの技術習得について肝に銘じていること

それは テニスの技術習得にはものすごく時間がかかる ということ 使える 競技テニスで勝ちたければ、習得する技術は試合で使えるものという前提がつきます。ただ「できる」というだけなく、 ・試合の中で「できる」 ・考えなくても…続きを読む

ヨーロッパのコーチが選手の素質を見抜く時にまず注目するところ

・パワーがない ・足が遅い ・不器用 な選手はテニスに向いていない。選手自身はそう思うことがあるようです。ジュニアの頃は、派手でかっこいいテニスに惹かれますし、そういうテニスができる人がうまい人なんだと考えてしまいがちで…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのコーチが練習メニューを考える時に気をつけていること

それは、 ショット別ではなく、シチュエーション別で学ぶこと です。 戦闘モード 試合に出る選手であれば、戦闘モードのボールが必要になります。 ・ミスをしない ・相手に攻められない など、ニュートラルなラリーで必要なボール…続きを読む

ジュニアテニスでは、古い・新しいに関わらずやりきることが大切

古い・新しい テニスのスタイルや指導方法には、古いもの・新しいものがあります。新しいから強いというものでもなく、国や指導者によって異なります。古いやり方でも強い選手は、たくさんいます。 合わせて読みたい過去記事 ジュニア…続きを読む

ヨーロッパのコーチが語る、プロを目指すジュニアテニス選手が大切にしなければならないこと

それは やりたいテニスが明確であること です 意志 自分がこのテニスで勝っていくという強い意志と、そのテニスをやり切る強い気持ちがあります。たくさんテニスを見てイメージを作ることも大切ですし、時には他を否定するパワーも必…続きを読む

ヨーロッパのコーチがジュニア選手の課題について大切にしていること

それは 課題を共有すること です。 よく話す ヨーロッパは多民族。単一民族の日本と違って、 ・言わないと伝わらない ・話さないとわからない という考え方です。対して日本では、 ・言わなくても察してあげる(空気を読む) ・…続きを読む