ジュニアテニス、ヨーロッパのテニスコーチが『もっとも大切な仕事』だと思っていること

それは 毎日同じことを言い続けること です。 基本 テニスの基本は、習得するものであり、習得した状態を保ち続けるものです。ちょっとサボれば、サボっただけの基本になってしまいます。毎日、同じことを言い続けて、選手に良い状態…続きを読む

ジュニアテニスでヨーロッパのクレーコーターが打つボールの深さの秘密

それは バウンド後のボールの軌道 です。 バウンド地点はそれほど深い位置ではなくても、選手には深く感じることがあります。バウンド後のボールの軌道が、高く跳ね上がり、頂点から落ちてくるところを打とうとすると、ベースラインの…続きを読む

ヨーロッパのコーチが、練習スケジュールを考えるときに大切にしていること

それは 試合中心のスケジュール です。 大会が多い テニスが盛んな地域は大会の数が多いです。週末の度に、大会が行われています。保護者の皆様の送迎は大変なものになりますが、試合に出る、そのために練習するというサイクルは上達…続きを読む

ヨーロッパのコーチがジュニアテニス選手のチャレンジでイメージしていること

それは プロになった時の予行演習 です。 ツアー テニス選手は、移動しながら試合をこなし、レベルアップしていく必要があります。しっかりと練習する時期を設けることは大切ですが、基本的には、移動しながら試合をしてレベルアップ…続きを読む

ジュニアテニスでヨーロッパのコーチが、選手を伸ばすために必要だと考えていること

それは 異質なテニスと対戦すること です サーフェイス ヨーロッパではクレーコートが多いです。そのため、ハードコートでの少し速めのラリー、早めの展開を経験するために、海外に遠征に行きます。早い展開を経験することで、ライジ…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパのコーチが練習を組み立てる時に気をつけていること

それは テニスだけにシリアスになり過ぎること です。 1日 日々の練習の中に、必ず楽しくプレイできるメニューを加えます。ダブルスだったり、ボレーボレーを使ったポイントゲームだったり、高い集中力が必要になる練習の合間や最後…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが各ショットの練習をする時に大切にしていること

それは そのショットで何をしたいのか? です。 メッセージ ①相手を深く押し下げる ②相手をコートの外に追い出す ③打ち込まれないようにする ④エースを取りに行く など、ただ打つだけでなくボールにメッセージ性を持たせるこ…続きを読む

日本の常識が通じない、世界基準のコミュニケーション術。海外のテニス環境で急に必要になるのは?

それは 自分の意見を持ち、伝えること です。 聞くことに慣れている 相手の話を聞くことはとても大切なことですが、海外の環境にくると黙って聞くだけでは不十分です。 合わせて読みたい過去記事 ジュニア競技テニスで、お父さん・…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手が持つ、試合を捨てない強いメンタルを保つために必要なこと

それは 自分だけの勝利へのロジック です 諦めない 勝つために大切なことは、当たり前ですが諦めないことです。言い方を変えると、諦めが悪いという表現がぴったりかもしれません。勝負を捨てないことはとても大切なことです。 合わ…続きを読む

ジュニアテニスで、ヨーロッパの指導者のアドバイスに共通すること

それは 答えは言ってくれないこと です 細かさ 日本の指導は、大変細かくて丁寧です。日本人の感性はとても細やかで、痒いところに手が届きます。ですが、海外の指導者もそうであるかというと、必ずしもそうではありません。細かさや…続きを読む