ヨーロッパのコーチがジュニア選手を指導する時に気をつけていること

それは 『やりたいこと』と『やってもらいたいこと』のバランスを取ること です。 ジュニア選手 テニスに夢中なジュニア選手は、 ・かっこいいテニス ・速いボール ・エースを取る など、『やりたいこと』だらけです。トッププロ…続きを読む

ヨーロッパの強くなるジュニア選手が低年齢の頃からトライしていること

それは 試合結果を相手に委ねないこと です。 もがきながらも 低年齢の頃、テニス歴が浅い頃のテニスは、かっこいいやりたいテニスをすると、自滅することが多くなります。自分のキャパの範囲内でできるテニスとやりたいテニスの狭間…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが低年齢のジュニア達に必要だと思っていること

それは テニスのあらゆる側面を学ぶこと です。 テニスの基本 競技テニスには、勝つための基本があります。 ・各ショット ・戦術 ・フィジカル ・メンタル など多岐にわたる基本を学ぶ必要があります。それぞれを試合で使いこな…続きを読む

ヨーロッパのジュニア選手が、テニス経験の浅いうちから試合に出る理由

それは 戦いの中でしか学べないことがたくさんあるから です。 察する 選手の負けパターンは大体同じです。 ・試合運び ・試合中の思考 は、個性が出るだけに、パターン化されます。試合経験を積むことで、自分の陥りやすい負けパ…続きを読む

スペインのテニスコーチがジュニアを育てる上で大切にしていること

それは 個性を見抜くこと です。 カリキュラムは網羅型 テニスの練習カリキュラムは、全ての技術・全ての戦術を指導する網羅型が多いです。出来ないショットを作らないように、全てをカバーして練習を進めていきます。 合わせて読み…続きを読む

ラリーが長く続くクレーコートで、ヨーロッパジュニアが時間を作って練習していること

それは ショートポイントの練習 です。 3球以内 サーブレシーブを含めて、自分が打つボールを3球以内に抑えてポイントに結びつけます。サーブやレシーブで積極的にオープンコートを作っていく意識が必要になります。 合わせて読み…続きを読む

ヨーロッパのジュニアを超えたい、テニスで良いストロークを打つために求められること

それは、 あたりが厚いこと です。 厚い薄い ボールをラケットに打つ時のあたりが、『厚い』や『薄い』という言葉表現されると、イメージが湧きにくいですよね。現在では、 ・運動力学的 ・感覚的 ・バイメカ的 など様々な角度か…続きを読む

ヨーロッパのコーチに聞いた、伸びるジュニアテニス選手はどんな選手?

それは 自分の頭で考えられる選手 です。 基本 テニスの打ち方・戦術には、基本がありコーチは基本を徹底して指導します。情報量は多くなり、全てをマスターすることは簡単ではありません。 合わせて読みたい過去記事 世界中、強く…続きを読む

ヨーロッパで、強い低年齢ジュニアのテニスに共通していること。

それは 同じボールを続けて打たないこと です。 ノーリピート ・スピード ・コース ・タイミング ・高さ ・回転 など、ボールには様々な要素があります。ヨーロッパのU12・U14の選手で変化をつけることが得意な選手(特に…続きを読む

ジュニアテニスで良い試合とはどういう試合?

それは 何がしたいのかがわかる試合 です。 メッセージ性 プレイヤー自身に戦略があり、各ショットに意図があることで、『何がしたいのか』が伝わります。 ・守りたいので『間』を作りたい ・プレッシャーをかけたいのでネットに出…続きを読む