強いヨーロッパのジュニアテニス選手が持っている勇気

それは、 先手を取る勇気 です。 リスク回避 テニスは確率が重要なスポーツです。ミスが多いと勝てません。まずはミスをせずに戦いきることを学ぶ必要があります。とはいえ、ミスをしないことだけでは試合には勝てなくなります。 ・…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手がドロップショットを使う時に気をつけていること

それは 1発で決めようとしないこと ということです。 単体 ドロップショットをそれ単体で決めるというイメージで使うと、ミスすることが多くなります。ネットギリギリにバックスピンのボールを落とさないと決まらないというプレッシ…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手がチャンスボールを決める時に大切にしていること

それは、 シンプルにオープンコートへ決めること です。 シンプル テニスにおいてシンプルに見えるセオリーは、やってみると難しいことが多いです。オープンコートに決めるためには、 ・早くボールに入る ・タイミングを遅くしない…続きを読む

スペインのジュニア選手が、試合中に使うテニスで勝つために学んでおいて損はない作戦

それは 作戦何もしない です。 相手コートに返すだけ 相手コートの中央付近に、ゆっくりとしたボールを送り続けます。打つなら打ってこいという感じです。エースを取られないように、少し下がってポジションを取り、守りを固めます。…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手がU12で学んでいる、その後のカテゴーリでも役に立つ配球

それは 縦の揺さぶり です。 相手を下げる 弾むボールを深く打つことで、相手のポジションを下げます。そうすることによって ・攻めさせない ・角度をつけさせない などの効果があり、ニュートラルなラリーを有利に進めることがで…続きを読む

スペインのテニスアカデミーでジュニア選手が毎日同じドリルを行う理由

テニスの練習は、日々同じドリル練習の繰り返しになることがあります。反復練習はとても大切です、反復練習にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 同じ練習なので変化がわかる 毎日、同じドリルをすることで、細かい変化にも気づ…続きを読む

ヨーロッパのコーチがテニスの練習中に、ジュニア選手に何度もアドバイスする基本中の基本。

それは ボールの深さ です。 打点を高く 深く打つと言っても、山なりのボールで打つイメージではありません。打点を高くとり、地面と平行に飛ばすイメージで打って深く入れます。空中でのボールも走りますし、打点が高いのでネットミ…続きを読む

ヨーロッパの12歳以下のジュニアが、テニスの試合で磨いている能力

それは、 多彩な配球 です。 様々な変化を使う ・高さの変化 ・深さの変化(ドロップショット) ・角度の変化 ・スピードの変化 をつけることで、単調な打ち合いではなく、同じボールを2球続けて打たないラリーができます。 合…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチが、低年齢ジュニアの戦う姿勢に対して考えていること

それは、 『勝てなくてもいい』と『勝たなくてもいい』の違い です。 勝てなくても良い 低年齢のジュニアは、 ・発育スピードの違い ・まとまらなくても良い という観点から考えると、勝てなくても仕方がないというケースは多々あ…続きを読む

ヨーロッパのジュニアテニス選手の方が優れていると感じる、日本人ジュニアとの違い。

それは、 ミスのとらえ方の違い です。 ミスしない 練習中の、『ミスを減らそう』というアドバイスでボールの威力が落ちてしまうのでは良くありません。『ボールの威力を落とそう』とアドバイスされたわけではありません。 必要な条…続きを読む