ストローク戦に強さを発揮するスペインのジュニアが、テニスの練習で重点的に練習していること

それは、 バックハンドの高い打点 です。 そこをつかれる テニスのストローク戦において、身体の構造上、誰もがチカラが入りにくいのが、バックハンドの高い打点です。チャンスボールを作り出すために、お互いに、そこを狙い合う展開…続きを読む

お子様の壁を破るのに役立つ、海外アカデミーで聞いた、日本人ジュニアテニス選手の評価からわかる課題

(元ダブルス世界1位カサルコーチ) バルセロナ遠征で滞在したサンチェス・カサルテニスアカデミーでは、世界トップ選手の指導経験があるベテランコーチから、アメリカの大学を卒業したての若いコーチまで、たくさんのコーチに指導して…続きを読む

ヨーロッパのコーチに聞いた日本ジュニアテニス選手の頭の使い方。良い所・良くない所

打ち方に関する考え方は優秀な日本人 ・どんなことに気をつけて練習にのぞむのか? ・今日の改善ポイントは何か? など、練習に取り組む姿勢・考え方に関しては、日本人はとても優秀であると、ヨーロッパのコーチからは褒められます。…続きを読む

ヨーロッパのテニスコーチのレッスンに学ぶ、自ら考えられるジュニア選手の育成法

戦い方の指導が多い 海外のアカデミーに行くと、気がつくのは、『戦い方』の指導が多いことです。コート上でシンプルに、自動的に、勝つためのショットを選択できるようにすることが目的です。練習の中で考えずに打つことが多いと、メッ…続きを読む

ヨーロッパジュニアのような成長をしたければ、テニスの試合はこうやって選ぼう。ちょっとした工夫で成長できる大会の選び方。

それは、 できるだけ対戦相手の情報がない状況を作ってあげること です。そうすることで、 戦いながら、相手の強いところ・弱いところを探す能力 が身につきます。 相手の情報がある環境に慣れている日本ジュニア 競技テニスの人口…続きを読む

盗めるところは盗んでおこう!テニス中のヨーロッパジュニアと日本人ジュニアの集中の違いは?

それは、 集中力の質 です。 海外で褒められる日本人の練習態度 日本人ジュニアを海外に引率すると、海外の指導者から、日本人ジュニアの集中力の高さを褒められます。日本の練習環境で培ってきた者で、体力的に負荷が高い練習でも、…続きを読む

ヨーロッパのコーチが日本人ジュニアテニス選手が学んだ方がいいと感じていること

それは、 休むこと です。 休めないことはマイナス評価 ヨーロッパの練習環境では、休養を大切にします。日本だと休まずに頑張り続けることは、マイナス評価につながることはないと思います。 休めないことはマイナス評価な過去記事…続きを読む

ヨーロッパジュニアから学ぶテニスのラリー練習中に気をつけること

それは、 速ければ良いというものではない ということです。 テニスのラリー練習は飛んできた方向に返す反復 世界中、テニスのラリー練習は、同じです。正面同士で打ち合います。打ち合うコースがクロスやストレートに変わるだけです…続きを読む

海外の著名コーチから見た、日本人ジュニアテニス選手の優れているところ。

それは、 正確さ です。 エスパルシアコーチ 3月に箱根キャンプに来てくれた、元ツアーコーチのエスパルシアコーチは、日本人ジュニア選手のことを高く評価していました。彼曰く、『下手な選手がいない。平均点がものすごく高い。』…続きを読む

日本人ジュニアテニス選手に高めて欲しい、自己肯定能力を育むために必要なこと

強い選手ほど、自己肯定能力が高いです。日本のジュニアは、真面目な反面、この能力が高くない選手が多いと感じます。ヨーロッパのテニス環境に混ざって比べると余計にその違いがわかります。では、自己肯定能力を高めるにはどのようにし…続きを読む