競技テニスで手足が長い低年齢ジュニアへ

長い手足はコントロールが難しい 低年齢の時の発育には差があります。手足が長いジュニアは、その長い手足をコントロールできるだけの筋力が備わっていないケースが多いです。そのため、自分の手足をコントロールすることが難しくなりま…続きを読む

ジュニアテニスで、試合前に緊張しすぎるお子様に、どう声をかけたら良いのかわからない時に読んでほしいこと

お父さん・お母さんにテニスやスポーツの経験が少ない場合、試合前の緊張に対してうまく声かけしてあげられないケースがあると思います。テニスは、 ・失点の多くがミスで落とすことが多いスポーツ ・個人競技 なので、独特の緊張感が…続きを読む

ジュニア競技テニスで、できるお父さん・お母さんが持っているもの

それは、お子様のテニスに関する 好奇心と興味 です。 興味を持つことを怖がる必要はなし お子様のテニスに関して興味を持つことは悪いことではありません。お子様にとって一番距離が近いサポーターが保護者の皆様です。テニス経験が…続きを読む

ジュニア競技テニスで、お父さん・お母さんがお子様に良いアドバイスをするために必要な能力

試合中や練習中のプレイに対して、アドバイスをしたいことがあると思います。なるべく怒りたくないし、プレイが向上するようにアドバイスしたいところです。そのために必要なのは、 お子様から意見を聞き出すコミュニケーション能力 で…続きを読む

ジュニアテニスで、立ち上がりが悪いお子様への声かけのために知っておいた方が良いこと

お子様の試合を見ていて、実力が出せていないと感じることがあると思います。その原因として多いのが、試合の立ち上がりがうまく戦えていないことです。どうすれば、自滅せずに戦い始めることができるのでしょうか? 足が動くようにアッ…続きを読む

ジュニア競技テニスをサポートをするためにお父さん・お母さんが知っておいた方がいいと思うこと。

それは、 予想を超える大きな負担がかかる ということです。 競技ジュニアテニスの負担は大きい 中高生の部活と違って、低年齢から競技ジュニアテニスをすることは、時間的・費用的な負担が大きいです。平日は、放課後にテニスをし、…続きを読む

競技ジュニアテニスをサポートするお父さん・お母さんが、お子様の発育スピードについて知っておいた方がいいこと

それは 発育スピードの違いには個人差がある(最大で±3歳)ということ です。 怪我 競技テニスでは、低年齢の頃から、1日2〜3時間の練習を週に4回・5回と行います。練習チームは年齢別・学年別に分かれることが多いです。同じ…続きを読む

今の状態で試合に出て意味があるのかな?と思う時に参考になる、スペインジュニアがテニスの上達のためにしていること

それは 完全でなくても試合に出ること です。 戦う中で学ぶ ・もう少しバックハンドが打てるようになったら ・もう少しセカンドサーブが入るようになったら ・もう少し全体的に良くなったら 試合に出ようと考え過ぎるよりも、本番…続きを読む

ヨーロッパのご家庭に学ぶ、ジュニアテニス選手であるお子様の成長に必要な考え方

それは、 我が子の評価は自分達でするということ です。 カテゴリーはあってないようなもの ヨーロッパでは、テニスヨーロッパから地域の公式大会、そして草大会まで数多くの大会があります。それぞれに、U12・U14・U16とカ…続きを読む

ジュニア競技テニスをサポートしていて、色んなアドバイスを聞き過ぎて困った時に読んで欲しいこと

日々、情報を得ながら、手探りで進めていくジュニア競技テニスのサポート、色々と聞いているうちに、混乱してしまうこともあるではないでしょうか?それは 情報が多過ぎて、選択が難しいから ではないでしょうか? 手に入りやすくなっ…続きを読む