ジュニアテニスで、思うように勝てない間に先読みしてやっておくと良いと思うこと。

テニスの上達には、ある程度の時間がかかります。球数を打たないといけないですし、負ける経験も必要になります。そんな時期には、テニスにだけ注力していると疲れてしまいますから、今後を先読みして少し視野を広げてサポートしてあげら…続きを読む

ジュニアテニスで、お子様のテニスにアドバイスする時のコツ!ヨーロッパで見てきたことと国内データの共通点。

お子様の練習や試合を見たあとは、テニスの話題になると思います。言いたくなくてもついついキツイ言い方をしてしまうこともあれば、我慢してテニス以外の会話をすることもあるでしょう。お子様の将来を考えると、一体どういう風に接する…続きを読む

できるお父さん・お母さんはやっているお子様の試合を見た後の効果的なアドバイス。

それは、 ポイントを取れている場面から共通項を見つけ出してあげること です。 テニスのポイントパターン テニスのポイントを取るパターンは無数にあります。 ・何をしてもいい、どこに打ってもいい ・1球で決めてもいいし、10…続きを読む

ジュニアテニスで、お父さん・お母さんがお子様に環境を作ってあげる時に参考にしてほしいこと。

それは、テニス選手の成長に 再現性はないということ です。 成功者の打ち方は一人一人違う テニスが強い選手は、外から見た打ち方は全員違います。運動連鎖など基本的な所は同じですが、細部は、身体的な特徴によって変わります。ボ…続きを読む

ヨーロッパのお父さん・お母さんがお子様にテニスをやらせる理由

それは、 子供の個性を伸ばすため です。 ヨーロッパ スペインやクロアチアで、試合で負けた後の親子の会話を聞いていると、負けたこと自体を否定していないのが伝わってきます。基本的にお子様が自発的にチャレンジしたことに関して…続きを読む

ジュニアテニスで、お父さん・お母さんと強い選手の試合を見るときに、お子様に教えてあげて欲しいこと。

お子様と一緒に強いジュニア選手の試合を見ながら会話することがあると思います。そんな時、ぜひ注目してもらいたい点があります。それは、 ボールの質と試合を通しての戦い方 です。 ボールの質 上手いジュニア選手を見ると、ついつ…続きを読む

ジュニアテニスのお父さん・お母さんへ、ランキングで判断せずにテニスを見る訓練をした方がいい理由。

お子様の試合をサポートする時、それぞれの試合を 負けられない戦いと挑戦する試合 にきっちり分けてしまってませんか? 競技テニスをサポートしていると、ドロー表を見た時点で、ある程度の勝ち上がりがイメージできるようになります…続きを読む

ジュニアテニスで、お子様がアドバイスに耳を傾けてくれない時に試して欲しいこと。

試合後、お子様にあれこれアドバイスしようにも、耳を傾けてくれない時はありませんか?ちょっとした工夫でアドバイスを聞いてくれるかもしれません。私のオススメは、 お子様の言った言葉を繰り返してから会話を始めること です。 親…続きを読む

ジュニアテニス、苦手なショットを練習する時に注意すること

それは、 苦手なショットが失点につながっているシーンの練習をする ことです。 バックハンド 例えば、フォアハンドよりもバックハンドの方が、ボールが弱く狙われるのでバックハンドの練習をするとします。その時に、基本的な球出し…続きを読む

ジュニアテニス、お父さん・お母さんが手打ちの矯正をする時に気をつけること

お子様の打ち方を見て、プロ選手や他のうまいジュニアを比較していると、 手打ちだな。。。 と感じることがあると思います。 手打ちを改善する目的 そもそも手打ちというのは、身体がうまく使えていないという曖昧な指標です。身体の…続きを読む